子どもの小食解消のチェックポイントとオリンピック選手も実践した改善方法!

子供の身長が思うように伸びないと、お母さんは何かと心配。よく耳にするのが、「食べてくれない」「食べるのが遅い」など、“小食”にまつわる悩みです。

身長を伸ばすには、しっかり食べて、十分な栄養を摂り込む必要があります。小食だと「栄養不足になるのでは?」と気になりますよね。

とはいえ、無理強いするとかえって食欲をなくし、逆効果の恐れも……。

そこで今回は、小食な子にありがちな3つの原因を紹介。

それぞれ思い当たることがないかチェックして、無理なく小食を解消してくださいね。

hou002

必死になって、無理やり食べさせていませんか?

子供がすくすくと育つには、やはりしっかり食べることが大事。ところが、身長が低めの子に限って食が細く、気にしているお母さんも多いことでしょう。

「お兄ちゃんはたくさん食べるのに、弟は……。お兄ちゃんはどんどん大きくなるのに」と、兄弟の食欲の差を目の当たりにして、日々やきもきしているかもしれませんね。

心配するお母さんの気持ちは分かりますが、無理に食べさせようとするのは逆効果。かえって食欲がなくなる恐れがあります。

まずすべきことは、子どもの口に無理やり食べ物を押し込むことではありません。「なぜ食べないのか?」という原因を冷静に、そして客観的な目で検証することなのです。

3つのポイントをチェック!解消にはサプリメントの活用も。

子どもの食欲が出ない原因は、大きく分けて3つに分かれます。当てはまるものがないか、次の3つのポイントをチェックしてみてください。

ポイント1:食事の時間帯が、食欲の波とずれていないか?

意外と多いのが、「夕食の時間帯」が問題になっているケース。夕食のタイミングに、すでに「空腹の時間帯」を過ぎていれば、小食になってしまいます。

美味しく食べるには、「おなかがすいている」というのも、実は大きなポイント。おなかがすいているときに食べる食事は、とても美味しいですよね。

たとえば、旅行先。のんびりした気分で朝風呂に入れば、おなかがすきます。目の前に並んだ豪華な朝食をつい平らげて、「食べすぎてしまった!」「普段は朝食を抜くことも多いのに!」という経験をお持ちの方も多いことでしょう。

食事は、空腹感があるときに美味しく感じ、たくさん食べることができます。

ただし、空腹感は続きません。一定の時間が過ぎてしまうと、空腹感がなくなってしまうのです。

これまでに、「忙しすぎて、ごはんを食べ損ねた!今から静かな場所に行くのに、おなかが鳴って聞こえたらどうしよう……」と思っているうちに、空腹感を忘れていた経験はありませんか?

実は私たち人間は、個人差はあるものの、90分から120分間隔で空腹を感じることが分かっています。

空腹でおなかがぐーっとなるのは、消化管の運動を調節している「モチリン」というホルモンが分泌されるため。

このモチリンの血中濃度は、空腹時において周期的に変動。データによって差はありますが、およそ100分間ごとにピークに達するのだとか。

つまり、そのピークを過ぎると、空腹を忘れてしまうということ。空腹感には波があります。子供がもっとも空腹を感じる時間帯を見極めて、ちょうどいいタイミングに夕食を用意してあげてくださいね。

ポイント2:間食が多すぎて、食事前に満腹になっていないか?

胃袋が小さめだと、夕飯前におやつを食べると、おなかいっぱいになってしまいます。おやつの食べすぎが小食につながっているケースも多いので、注意してあげましょう。

また、牛乳も注意したいおやつの一つ。牛乳が好きな子供だと、牛乳をおやつやお茶代わりにして飲んでいるかもしれません。

牛乳は脂肪分が多く、カロリーが高め。飲みすぎると満腹になり、肝心の食事のときに食欲がわかなくなってしまいます。飲む量や時間帯を、きちんとコントロールしてあげてください。

足りない栄養素を補うという意味では、おやつは重要ですが、量や時間帯を調節することが大事。また、身長を伸ばすことを考えるなら、高たんぱく&高カルシウムのチーズや小魚などにするといいですね。

ポイント3:扁桃腺肥大により、食べづらいのでは?

小食の場合、体調不良や病気などの原因が隠れていることがあります。たとえば、子供に多いのが「扁桃腺肥大」です。もう少し詳しくて見てみましょう。

扁桃腺とは、医学用語では「扁桃」と呼ばれるリンパ組織のこと。 のどの奥の両側に、ぽこっと丸く見える「口蓋扁桃」だけを指して言うことも多いですが、本来は次の4つの組織を全部ひっくるめて「扁桃腺」といいます。

・口蓋扁桃(こうがいへんとう)
・咽頭扁桃(いんとうへんとう/別名アデノイド)
・耳管扁桃(じかんへんとう)
・舌根扁桃(ぜつこんへんとう)

扁桃腺は、外敵から身を守る免疫器官。鼻や口から侵入してくるウイルスや細菌とたたかって、身体を守る役割を果たしています。

風邪を引いたときに腫れたり痛くなったりするのは、外敵とたたかっている証拠。

これらの扁桃が、さまざまな刺激を繰り返すことで、通常よりも大きくなった状態を「扁桃腺肥大」(または扁桃肥大)といいます。

口蓋扁桃が大きくなると、食べ物の飲み込みが悪くなる恐れがあります。大きな食物が飲み込めず、少しずつしか食べられないために、普通の子どもよりも食事に時間がかかります。その結果、あまり食べられず、小食になってしまうというわけです。

口蓋扁桃の肥大の程度は、口の中をのぞくだけで簡単に見分けられます。

ただし、見える部分の口蓋扁桃の大きさはあまり目立たなくても、舌の陰に隠れた部分が大きく肥大していることも。

口蓋扁桃肥大と思われる症状があるときは、耳鼻咽喉科の診察を受けたほうが安心です。

症状が高度で、日常生活に支障をきたすようであれば、手術を考えることになります。まずは診察を受けて、その後の治療方針を相談してください。

どうしても食べにくくてたくさん食べられないなら、栄養バランスに十分考慮した身長サプリメントを利用して、栄養を補ってあげてください。

おなかの健康は大丈夫?体調をチェックしてあげましょう

チェックポイントを3つ紹介しましたが、当てはまるものはあったでしょうか?

なお、便秘や不規則な排便も、食欲を妨げる原因になります。水分をしっかり摂った上で、食物繊維を多く含む食事を摂ることが大事。

元気に遊んで、走ることで腸を刺激するのも大切ですね。適度な運動は骨に刺激を与えるため、身長を伸ばすという意味でも有意義です。

虫歯や口内炎があるときも、痛みで食べづらくなります。普段と比べて明らかに食が細いときは、虫歯や口内炎がないかも見てあげてくださいね。

食欲は腸がコントロール!?腸内環境の見直しを

先ほどお腹の調子を整えることが大切と言いましたが、より詳しく腸についてお話しします。

最近はテレビや雑誌でも話題になる「腸内フローラ」「腸内環境」ってご存知ですか?

美容や健康に大事というのは有名ですが、それだけではありません。子どもの食欲にも大きく関わっている可能性があるのです。

ご存知のとおり、腸は栄養や水分を吸収する生きるのには欠かせない器官です。

また。最近の研究では、腸は「第2の脳」と呼べるくらい考える器官であることが分かりました。

脳に次ぐ神経細胞の多さや、脳の指令なしに独立して動けることなど、他の臓器とは明らかに違う特徴をもっているのです。

そして、「腸脳相関」といって腸と脳は互いに影響しあい、密接なやり取りを行っていることも分かっています。

人の性格や精神性の大部分を腸が握っているという説まであるのですから、驚きです。

少し怖い話になりますが、この説を証明するために、臆病な性格のマウスと、外交的な性格のマウスの腸を入れ替える実験がアメリカで行われました。

結果は、仮説を実証するかのように、2匹の性格がまるごと入れ替わったというのです。

動物実験だけではありません。臓器移植手術の後に性格や趣味・趣向が変わったという話は後を絶ちません。

少し、食欲の話と離れてしまいましたね。

実は、もうひとつ腸にはほかの臓器にない特徴があります。この特徴が食欲と大きく関係しています。

それは、非常に多くの細菌が住んでいることです。有名なものでは、ビフィズス菌や乳酸菌です。

その数、500兆~1000兆個は下らないと考えられています。人間の細胞が60兆個といわれているので、10倍以上も腸内細菌の方が多いのです。

ひとつひとつは目に見えないほど小さい細菌ですが、全部足すと総重量は1.5kgにもなります。人体最大の臓器である肝臓に匹敵する重さです。

食欲は腸内細菌の環境が関係しているとみられています。腸内環境が悪いと食欲が暴走したり、減退したりすることが分かっています。

腸内環境(腸内フローラ)とは、いわゆる善玉菌と悪玉菌のバランスのこと。この環境は体調・食生活・年齢・ストレス・抗生物質などの薬の影響で日々変化します。

腸内環境を整える最も簡単で有効な策は発酵食品を食べることです。

もうひとつの策は食物繊維を摂取すること。

日本では、古来、漬物や納豆・味噌など、食物繊維豊富な発酵食品を食べてきました。今より腸内環境は良かったのです。

食事の変化でこうした日本食を食べる機会がめっきり減ってしまい、腸内環境の悪化が叫ばれるようになりました。

もしかすると、お子さんの食欲が沸かないのは腸内環境のせいかもしれませんよ。

オリンピック金メダリストが実践した小食改善法って?

フィギュアスケートで数々の偉業を成し遂げた羽生結弦選手は驚くほど少食だったそうです。

先輩にあたる織田信成さんもこう話しています。

羽生の意外な面として「食べるのが苦手。あまり食べない。一緒にご飯を食べていても、おなかいっぱいみたいな。揚げ物は食べているところを見たことがない。『(ジャンプで)回っているときに胃がもたれる』といっていた」

実はフィギュアスケート、華麗なイメージですが相当ハードなスポーツです。4分30秒の演技で、1500m走を全力疾走するのに匹敵するといわれています。

小食の羽生選手は、エネルギー不足で立ち上がれないほどに消耗してしまったり、試合が終わるたびに風邪をひいてしまったりしたそうです。

とにかく小食が原因で、体調管理が難しかった羽生選手の栄養指導にあたったのが栗原秀文さんです。

就任当初は、相当苦労したそうです。

食に興味がないと言い張る羽生選手、食事はひと口で終了。食べ物の中では、寿司と焼き肉が好きということですが、その理由は自分の分(量)だけ取れるから・・・という何ともいえない理由。

なにか糸口はないかと羽生選手の食事を注意深く見ていた栗原さん。

ある時、食事が終わって20分くらいたって、また食べ始めることがあったそうです。

そこで、「羽生選手は普通の人より胃腸が動き始めるのが遅いのでは?」ということに気付いたのです。

ついに、彼の食べられない原因を見抜きました。本当の意味で食べられない体質というわけではなかったのです。

そして、改善方法として食べ始めに胃の動きを活発にする「グルタミン酸」を多く含む出汁を摂るということを提案しました。

羽生選手はそれを鍋料理で実践し、しっかりと食べられるようになったそうです。

改善できたのは栗原さんの目。食べられない羽生選手の行動やしぐさをしっかり見逃さなかったことです。

もしかすると、お子さんが食べられない原因も思わぬところにあるかもしれません。しっかり見てあげてくださいね。

<2017年10月速報> 健康部門 3年連続 第1位!

estoremedal

唯一の成長期10代向けサプリメント
「カラダアルファ(α)」
が全国約20,000店の通販ショップが加盟するEストアーで3年連続、通算9回目の受賞!今回、2017夏期「ダイエット・健康部門」の第1位に!

子供成長サプリの圧倒的ナンバー1はコレ!

このページの先頭へ