子どもにサプリメントを飲ませて大丈夫?副作用や推奨年齢って?

最近では、お子さまの成長や健康管理のために、サプリメントを与える家庭が増えています。不足しがちな栄養素を手軽に補えるサプリメントは、保護者さまにとって心強い存在。

ただし、期待する効果を得るためにも、また思わぬトラブルに巻き込まれないためにも、「適切なものを」「正しく」使うことが大切です。

そこで今回は、安心なお子さま向けサプリメントの選び方や、飲むときの注意点などについて、お伝えいたします。

cov007

サプリメントを安心して飲むために!必ず守りたい2つの基準

大事なお子さまのすこやかな成長は、保護者さまにとっての何よりの願い。さまざまな食材をしっかり摂って、すくすくと育ってほしいと思うはず。

ところが現実には、そう簡単にもいきません。「好き嫌いが多い」「食べる量にムラがある」などの理由で、栄養の偏りに気をもむことも多いのではないでしょうか?

そこで登場するのが、手軽に栄養補給できるサプリメント。最近ではお子さまにサプリメントを飲ませる保護者さまや、飲ませることを検討している保護者さまが増えていますね。

ただし、安心して飲ませるためにも、選ぶ際には大事なポイントが2つあります。

基準1)子ども向けのものを選ぶ

「子ども向けかどうか?」を確認しましょう。通常のサプリメントに含まれる成分量は、大人が必要とする量に設定されています。

そのため、お子さまがそのまま飲むと、過剰摂取につながる恐れが。また、成長段階によって必要な栄養素は違ってきます。悪い影響が出ないよう、必ず「子ども向けにつくられたサプリメント」を選びましょう。

基準2)国内メーカーが製造したものを選ぶ

次に大事なポイントが、「日本の製造メーカーがつくっているかどうか?」ということ。海外のものがダメというわけではありません。

でも、海外製サプリには、日本では認可されていない成分が入っていることもあります。当然ながら、欧米人とアジア人では体質も違います。

もしサプリメントとの相性が悪ければ、体調を崩したり副作用が出たりする可能性もありますので、「国産サプリ」を選ぶようにしましょう。

既にお子さまにサプリメントを飲ませている方も、これから飲ませる方も。「子ども向け」「国産」という2つの基準を、覚えておいてくださいね。

失敗しない!「子ども向けサプリメント」の選び方

続いて、「子ども向けサプリメント」に関して、もう少し詳しく見ていきましょう。

大人向けと比べて、「飲みやすさ」が重視される子ども向けサプリ。そのため各メーカーが、大きさや味などにさまざまな工夫をほどこしています。

たとえば、ヨーグルト風味のグミタイプやココア風味の顆粒タイプ、グループフルーツ味の錠剤タイプなど。本当にいろいろなタイプの子ども向けサプリがありますよね!

たしかに、お子さまが抵抗なく飲めることは大切です。ところが中には、飲みやすさを追求するあまり、有効成分が極めて少ない「お菓子のようなサプリ」も。

たとえば、錠剤タイプであれば、あの小さな体積の中に入れられる成分量は限られています。

ただでさえ限られたスペースに、甘みづけのために砂糖を入れ、さらに風味づけのために香料などの添加物を入れると……肝心の栄養素が少なくなってしまいますよね。いくらおいしくても、栄養素が十分に摂れなければ意味がありません。

「子ども向け」とはいっても、ただ飲みやすくしているだけでは不十分。発育段階にあるお子さまの身体の仕組みを科学的に研究し、本当に必要な栄養素を含んだ「本格的なサプリメント」を選ぶことが必要ですね。

なお、飲みやすさを考えるならば、粒を小さめにしたものを選ぶのがポイント。

一般的な錠剤サプリメントは、直径がおよそ9mm。お子さまが飲みやすいのは、「直径8mmぐらい」と言われています。選ぶ際には商品情報を見て、粒の大きさもチェックしてみてくださいね。

サプリメントを悪い習慣にしない!大事な2つの心構え

  
どんなに適切なサプリメントを選んだとしても、「飲み方」を誤れば、マイナス効果になりかねません。悪い習慣にしないためにも、飲ませる心構えに関する2つのポイントも覚えておきましょう。

ポイント1:過剰に与え過ぎないこと!

栄養素がぎゅっと詰まったサプリメント。つい、「たくさん飲むと効きそう」と思ってしまいがちです。

でも、たくさん飲めばいいというものではありません。どんなに身体にいい食べ物も、同じものばかり食べると却ってよくないのと同じ。

身体が未完成なお子さまが、偏った栄養を過剰摂取するのはキケンです。くれぐれも気をつけてあげましょう。

ただしサプリメントは、飲み続けることで次第に身体のバランスが整い、本来の効果が期待できます。長い目で見て、根気よく続ける努力は必要ですよ。

ポイント2:小食の解決策にしないこと!

すぐれたサプリメントを飲ませていると、「これで栄養補給もバッチリ!」と保護者さまもひと安心。「小食だけど、サプリで栄養を摂っているから大丈夫」と油断してしまいがちです。

ですが、サプリメントだけで人間に必要な栄養素をまかなえるわけではありません。お子さまの成長のベースになるのは、一汁三菜を基本とした、毎日のバランス栄養食。それでも足りない栄養素をサプリで補うというのが、本来の形です。

なお、あまり小さいうちからサプリメントに頼るのはNG。乳幼児の間は特に、食事づくりをがんばってあげましょう。

小学生になったら、好き嫌いが激しくなるお子さまや、塾や習い事で忙しく、食事が不規則になるお子さまもいることでしょう。昔ながらの「おふくろの味」を毎日の基本にしながら、賢くお子さま向けサプリメントを利用したいものですね。

今、子ども向けサプリメントが注目されている理由

子ども向けサプリメントは2013年くらいから爆発的に伸びています。新規参入も後を絶たず、乱立といっても良いくらい発売されています。

ここまで、急に注目された理由は何でしょうか?

「ジャンクフードに代表される子どもの食の乱れがあるから・・・」

確かにそうですが、それは”急に”注目される理由にはなりません。

2012年以前も、食の欧米化による子どもの食の危機は叫ばれていました。親も「なんとかしなくちゃ」と漠然とした危機感はあったはずです。

その理由を紐解くヒントは、2017年7月に放送されたNHKのあるTV番組にありました。番組では子どもにサプリメントを与えている、あるお母さんを取材していました。

激しい偏食で、ごはんを食べない子どもに悩み続けるお母さん。お子さんは栄養不足がかさんで身体に異常がでるまでになりました。

そして、出会った子ども向けのサプリメントを与えたところ、不足していたビタミンなどが充足され、体にでていた症状も改善されました。

お母さんはカメラに向かって笑顔で「不安がやわらいだ」と話しています

この心情こそが、子ども向けサプリメント爆発の理由を紐解くキーワードです。

以前は、子どもの栄養に不安があっても、赤ちゃんの頃からサプリメントを与えるアメリカと違い、日本ではサプリメントに対する懐疑心も強く、なかなか子どもに与えられる状況ではありませんでした。

そんな中、2013年ころから安全性も確保された子ども向けのサプリメント、身長を伸ばしたり成長を助けたりする成長期向けのサプリメントが発売されました。

不安や心配をやわらげたいという心情を解決する手段が世に出てきたのです。

お母さんたちは動きました、そして追随するメーカーも相次いで出現。一気に注目市場に成長しました。

その理由はずばり「お母さんの不安を解決できる本格サプリメントが登場したから」ではないでしょうか。

ジュニアプロテインは飲ませるべき?

運動もしているし、成長期なのでジュニアプロテインを飲ませている方も多いと思います。

しかし、本当に成長期まっただなかの中学生や高校生にジュニアプロテインは必要でしょうか?

ジュニアプロテインというのは、ざっくりいうとプロテイン(=たんぱく質)にビタミンなどの栄養素を添加したものです。

成長期に身長を伸ばすのにも、筋肉をつけるのにも必要な栄養素はたんぱく質。そして、そのたんぱく質を体内で効率的に働かせるための栄養素も配合。

一見理にかなっているようにみえますが、成長期の子どもがたんぱく質を摂取するなら普通の食べ物からの方が適しています

摂取できる栄養素の種類とバランスはジュニアプロテインの比ではないからです。

本来(大人向けの)プロテインは筋肉量の多い人の食事のサポートに使われます。

筋肉量の多い人というのは筋肉がドッジボールのように盛り上がったボディビルダーなんかを想像していただくと良いと思います。

彼らは常人の何倍ものたんぱく質を摂る必要があります。必要量を下回ると筋肉はどんどん小さくなってしてしまいます。

もし、お肉など通常の食事で必要なたんぱく質を摂取しようとすると、今度はカロリーや脂質をとりすぎてしまいます。

だからこそ、たんぱく質の塊であるプロテインを摂取するのです。

大人向けプロテインの人気製品はたんぱく質の含有量がおおむね90%以上。対して一般的なジュニアプロテインのたんぱく質含有量は20%~45%。本来のプロテインの目的では使えないのです。

ジュニアプロテインは、肉や魚が嫌いで明らかにたんぱく質が不足している場合以外は、必要はないでしょう。

子ども向け・成長期向けサプリメントの推奨年齢ってあるの?

各社各様のサプリメントがありますが、子ども向けといってもサプリメントは何歳からOKでしょうか?推奨年齢はあるのでしょうか?

各社製品のホームページの情報をもとに何歳くらいから飲めるのか調べてみました。

・せのびとーる    3歳
・カルシウムグミ   6歳
・フィジカルB     7歳
・カラダアルファ(α) 10歳

セノビック・ドクターセノビル・アスミール・ポリカルなどは年齢の下限について
具体的な表記はなく、幼児からOKという感じでした。

なぜ、カラダアルファ(α)だけが10歳という高めの設定なのでしょうか?

錠剤なので小さい子は飲みにくいということもあるようですが、

サプリメントは、小さい子どもにはまだ必要ないという考えからだそうです。

幼少期に食習慣・食文化を形成することは生涯において大切なこと。小さいうちは普通の食事で十分必要な栄養素をまかなえるので必要ない。普段の食事でとりきれない栄養が出てくるのは、成長著しい10代くらいから。

カラダアルファ(α)はそれをサポートするサプリメントという見解です。

確かに、成分構成から見ても他の子ども向けサプリとは違います。ほぼ栄養成分のみの構成で、砂糖や香料もなく、お世辞にも飲みやすいとはいえない特徴的な構成です。

お子さまにサプリメントを与えるべきかは、それぞれのご家庭で違うと思いますが、ひとつの参考にはなるのではないでしょうか。

<2017年10月速報> 健康部門 3年連続 第1位!

estoremedal

唯一の成長期10代向けサプリメント
「カラダアルファ(α)」
が全国約20,000店の通販ショップが加盟するEストアーで3年連続、通算9回目の受賞!今回、2017夏期「ダイエット・健康部門」の第1位に!

子供成長サプリの圧倒的ナンバー1はコレ!

このページの先頭へ