効果を引き出す身長サプリメントの飲み方5か条

忙しい現代人にとって、必要な栄養素を食事だけで補うのは至難の業。そこで、いつでもどこでも手軽に栄養補給できるサプリメントに注目が集まっています。いまや日本は、“サプリメント大国”といえるほど、サプリに頼る生活スタイルができあがっているのです。

ただしその一方で、安易な気持ちで間違った飲み方をして、「効果が感じられない」「むしろ健康を害した」という人も。そこで今回は、「効果を引き出すサプリメントの飲み方5か条」と題して、サプリメントとの正しい付き合い方を紹介いたします。

cov006

サプリメントは「水」または「ぬるま湯」で飲むべし!

「サプリメントは食品だから、お茶やジュースで飲んでも大丈夫」「胃の中で一緒になるから、何で飲んでもいい」と思っている方も多いようです。ですが、効果を引き出すためには、水やぬるま湯で飲むようにしましょう。水が胃を刺激して運動させ、栄養をすばやく腸へ届けてくれます。

ただし、硬水で飲むのはやめましょう。硬水に多く含まれるカルシウムやマグネシウムは、サプリの成分とくっついて、吸収を妨げることがあります。また、お茶やコーヒーで飲むのもNG。お茶に含まれるタンニンやコーヒーに含まれるカフェインが、成分と結合して、十分に吸収されないかもしれません。

さらには、ジュースもご法度!糖分にはサプリメントの成分とくっつく性質があり、食道の壁に張りつく恐れがあります。炎症の原因になりかねないので、絶対に避けましょう。

単一栄養の身長サプリはできるだけ「食後」に飲むべし!

サプリメントの表示ラベルには、飲む時間やタイミングは表記されていません。「一体いつ飲むのが効果的なの?」と迷う方が多いようですね。

飲むタイミングは、「いつでもいい」というのがその答え。基本的には朝・昼・晩いつ飲んでも効果はあまり変わりません。ただし、より良く栄養素を吸収するためには、「食後」がベスト。栄養素には、相互に作用しあうことで吸収されたり、働いたりする性質があります。ですから、食べ物と一緒に摂取することで、吸収率アップをねらいましょう。

飲みすぎ注意!規定量はきっちり守るべし!

主に疲労回復の目的で使われるアミノ酸「BCAA」など、その場で効果を発揮するサプリメントは別にして、毎日飲み続けることで効果を発揮します。ただし、「たくさん飲めば飲むほどいい」という意味ではありません。パッケージに書かれている規定量を、きちんと守りましょう。

たくさん飲んだからといって効き目がアップするわけではありませんし、栄養素によっては、過剰摂取すると健康被害が出ることもありますよ。

たとえば、現代人に不足しているミネラルも、サプリメントで集中的に摂るのは注意が必要。たとえばカルシウムの摂りすぎが長期化すると、肝機能障害や便秘、結石などの障害をきたすことが知られています。

食べ物であれば、味やニオイがあるために、満腹になったり飽きたりして、特定成分の摂りすぎを防いでくれます。ところがサプリメントの場合、味もニオイもないため、つい効果を期待して摂りすぎてしまう恐れも。

「摂れば摂るほどいい」のではなく、「摂るべき量をきっちり摂る」ということを肝に銘じて、定められた量を摂取してくださいね。

身長サプリに限らず「幼児や妊婦」には飲ますべからず!

   
サプリメント大国アメリカのように、お子さまにサプリを与える家庭が増えています。「子どもが偏食するから」「栄養バランスのとれた食事作りを心がけているけれど、なかなかむずかしくて」など、わが子の成長を願うからこその親心でしょう。

ただし、まだ身体が小さいお子さまにとっては、栄養素の過剰摂取になることも。形状によっては飲み込めなかったり、大きすぎてのどにつかえたりする危険もあります。少なくとも、乳幼児の間はやめておくほうが賢明でしょう。

また妊娠中も、サプリメントは避けるほうがベター。水溶性ビタミン(B1やB2、 ナイアシン、B6、葉酸など)であれば、過剰に摂取しても尿中に排出されます。ところが、脂溶性ビタミン(A、D、E、K)の場合、余分に摂取すると、肝臓をはじめとする体内に蓄積されます。 そのため、過剰摂取による副作用が出てくる危険性がある(ビタミン過剰症)のです。

乳幼児も妊娠中も、いずれもデリケートな時期。余計なものを体内に摂りこんで、トラブルになるのは避けたいものですね。

身長サプリは「薬と一緒に飲むとき」は注意するべし!

   
薬を飲んでいるときは、飲み合わせに注意する必要があります。というのも、成分によっては、薬と同時に摂ることにより、薬の吸収を妨げたり、作用を弱めたりする恐れがあるため。たとえば、「ビタミンK×血栓予防薬」「ビタミンA×インフルエンザや肺炎の薬」などの組み合わせは、悪い相互作用が生じることが報告されています。

厚生労働省も、「薬+健康食品=とても健康に良く、病気が早く治る?と考えて薬と健康食品を同時に摂取している人がいるかもしれませんが、やめましょう」と注意を喚起しています。

薬を飲んでいる方がサプリメントを利用する前には、飲み合わせの相性を医師や薬剤師に確認しましょう。くれぐれも、自己判断で一緒に摂取しないようにしてくださいね。

<2016年10月速報> 健康部門 6期連続 第1位!

estoremedal

唯一の成長期10代向けサプリメント
「カラダアルファ(α)」
が全国約20,000店の通販ショップが加盟するEストアーで6連続受賞!今回、2016夏期「ダイエット・健康部門」の第1位に!

子供成長サプリの圧倒的ナンバー1はコレ!

このページの先頭へ