徹底ガイド!そもそもサプリメントって何??

大人であれば、誰しも一度は利用したことがあるはずのサプリメント。薬に似た形状をしているために、「身体に劇的な変化を与えてくれそう」「完全栄養食だから、これさえ飲んでおけば安心」などと期待して、利用する方も多いようです。ところが、健康にいいという話題やイメージだけが先行して、間違った使い方から健康被害が発生してしまう事例も。

身体の中に直接入れるものですから、正しい知識を持っておきたいもの。そもそもサプリメントとは、一体何でしょうか?いま一度、その特徴や意味についておさらいしておきましょう。

cov005

なぜ、サプリメントは日常的に摂る必要があるの?

ひと昔前までは、サプリメントというと「健康志向が高い、一部の人が利用するもの」というイメージでした。ところが、年々ニーズが増加。とある調査によれば、日本における2013年の市場の規模は、約1兆2,100億円に。ますます規模が拡大することが予想されています。

なぜ近年、サプリメントの重要性がこれほど増しているのでしょうか?それはずばり、「現代における食生活の乱れ」が背景にあるため。

一汁三菜を基本として、バランスがとれていた昔ながらの食事。ところが現代では、朝食を食べずに、昼食はインスタント食品のみ、間食におやつをつまんで、夜は遅い時間にこってり系の洋食を……といった食生活を送る人も多くなりました。お子さまも塾通いや習い事で忙しく、一日三度の食事がおろそかになっているケースも多いことでしょう。

サプリメントとは、普段の食事を補助する役割を果たしてくれるもの。位置づけとしては、「栄養補助食品」です。乱れた食生活を調整するために、現代人にとっては手放せない存在なんですね。

身長サプリメント需要増加の原因は野菜の栄養不足にあり

さらには、野菜の栄養価が落ちていることも、サプリメント需要の追い風になっています。

技術の進歩により、農業の形はずいぶんと変わりました。農薬やビニールハウスなどの発達によって、野菜の品質を一定に保つことができるようになりました。旬だけではなく、年中収穫できるようにもなりました。農業が効率的になったおかげで、「ほぼ一年中」「同じような野菜が」「安定した価格で」手に入るようになったのです。

ところが、効率化による恩恵をこうむる一方で、マイナスの事態も生じています。
効率的な農業によって、野菜自体の栄養価が昔より低下しているのです。

化学肥料などの使用により、本来土に含まれているはずの栄養素も減りました。昔と比べて土壌がやせてしまった結果、野菜に十分な栄養が吸収されなくなったとも言われています。現代人は、自然の恵みを100パーセント受け取ることがむずかしくなってしまったんですね。

一見すると、便利で豊かになったように思える、現代の食生活。ところが、現代の食事ではどうしても、通常の食品のみで栄養素を補給するには無理があります。厚生労働省が推奨する「食事摂取基準」を満たすには、野菜や果物をバケツ単位で食べなくてはならないほどなんですよ。

乱れた食生活をしている上に、そもそも食べている食物の栄養素も低下している現代。健康を願ってサプリメントを利用する人が増えるのも、身長を伸ばすためにサプリメントを活用したいという人が増えるのも、当然の流れといえそうですね。

 

背を伸ばしたいなら知っておこう!サプリメントと薬の違い

足りない栄養素を効率的に補い、現代人の生活に浸透したサプリメント。ところがその市場が大きくなるにつれ、過剰な売込みが生じるようになりました。その結果、大げさに効果を言い立てる体験談や、マスコミによる派手な情報をうのみにして、「サプリさえ飲んでおけば大丈夫」と過大評価する人も多くなってきたのです。

ですが、あくまでサプリメントは「普段の食事で足りない栄養を補う」ためのもの。薬とは性質が違います。間違った利用法によって、「効果が出ない」「健康を害した」なんてことにならないよう、サプリメントと薬の違いを知っておきましょう。

>>薬は対症療法!特定の疾病に対して効果・効能あり

薬は基本的に、病気に対して使われるもの。すぐに患部に作用して、痛みや症状を抑えてくれます。いわば「対症療法」ですね。ただし、薬はしばしば副作用を伴うことも。摂取の仕方を間違えると危険なこともありますから、指示通りに服用することが大切です。

>>サプリメントは根本療法!病気の原因を根本から改善

サプリメントは、足りない栄養素を補充し、体の機能を正常化してくれるもの。自然治癒力を高めて、病気の原因を根本から改善してくれます。日本製のサプリを正しく摂取すれば、長期間続けたとしても、副作用はまずありません。

ですが、海外製の場合、少し事情が変わってきます。海外サプリメントの中には、日本で医薬品成分とされている特定の成分を含むものも。日本では「無承認医薬品」という扱いなので、もし副作用が出たとしても、救済を図る公的制度の対象とはなりません。内容をよく確認した上で、正しく摂取することが大切ですね。

一体どっちが優秀?サプリメントVS普通の食品

サプリメントと薬は違うということが、お分かりいただけたと思います。繰り返しになりますが、サプリメントは食品の補助をするもの。病気やケガを治すことはできないのです。

「食品と似たような働きをするのなら、サプリのほうが、頼りになるのでは?」と思ってしまうかもしれませんね。サプリメントは、「不足しがちな栄養素を補う」もの。特定の栄養素が凝縮されているからといって、普通の食品より優れているわけではありません。

また、ホールフーズ(未精製または未加工食品)には、まだ働きが分かっていない微量成分が含まれており、それらが健康に大きく関わっていると考えられています。

何より、サプリメントだけですべての栄養が摂れる訳ではありません。サプリに頼りすぎて食事代わりに利用すれば、バランスを崩して健康を損ねる恐れもあります。「サプリを飲めばなんとかなる」ではなく、まずは毎日の食事を充実させることが大切。「まず、食品ありき」ということを念頭に置いて、賢く利用したいものですね。

<2016年10月速報> 健康部門 6期連続 第1位!

estoremedal

唯一の成長期10代向けサプリメント
「カラダアルファ(α)」
が全国約20,000店の通販ショップが加盟するEストアーで6連続受賞!今回、2016夏期「ダイエット・健康部門」の第1位に!

子供成長サプリの圧倒的ナンバー1はコレ!

このページの先頭へ