サプリメントアドバイザーがいる会社は信用できる?成長期サプリの疑問

身長サプリメント情報をインターネットで調べていて、「サプリメントアドバイザー」という言葉を見かけたことはありませんか?

アドバイザー資格を持つスタッフがいるメーカーの身長サプリメントなら、「サプリメントに詳しいスタッフが企画開発や販売に関わっている」と推測できます。

安心して飲めそうですし、身長サプリメントに関する不安や疑問も相談もしやすいですよね。

ところが、さらによく見てみると、同じサプリメントアドバイザーでも、認定団体が複数ある模様。

どの認定団体のアドバイザーだと、特に安心なのでしょうか?身長サプリメント選びに役立つ知識として、サプリメントアドバイザー資格について理解を深めておきましょう。

kiso008

身長サプリメント選び、プロのアドバイスがほしいときも……

身長サプリメントを選ぶときや飲むときに、「プロのアドバイスがほしい!」と思ったことはありませんか?

薬であれば、医師や薬剤師などのプロがいます。薬を処方してもらうときは、薬の成分や飲むべき時間、頻度や注意点などを細かく教えてくれます。

プロが選んでくれているので、信頼して飲めますし、「こう飲めば大丈夫」と安心して飲めますよね。

一方、「食品」というジャンルに分類される身長サプリメント。飲む量の目安はラベルに書かれていますが、飲むべき量や詳しい飲み方などは、ほぼ利用者任せです。

身長サプリメントは薬ではないため、もちろん薬のように「こう飲めば効く!」と実証された飲み方があるわけではありません。だからこそ、明確な量や飲み方については、明言することができないのです。

……と頭では分かっていても、「実際のところ、息子に合う身長サプリメントは一体どれ?」「背を伸ばすために、望ましい摂取タイミングは?」など、サプリメントのプロからアドバイスがもらえればと思ってしまいませんか?

適切な身長サプリメントを選ぶためにも、できるだけ効率的に背を伸ばすためにも、サプリメントのプロがいてくれると安心ですよね。

そこで注目したいのが、サプリメント関連の資格である「サプリメントアドバイザー」です。

ただし一言でサプリメントアドバイザーといっても、複数の認定団体があります。認定団体が違えば、アドバイザー資格取得に必要な知識やレベルが異なります。

それぞれのサプリメントアドバイザーの特徴を頭に入れておくと良さそうですね。

それぞれの「サプリメントアドバイザー」について解説!

では、どのようなサプリメントアドバイザーが存在するのでしょうか?

主なものとして挙げられるのが、次の3つです。

・日本サプリメント学会認定サプリメントアドバイザー
・NR・サプリメントアドバイザー
・日本ニュートリション協会(JNF)認定サプリメントアドバイザー

それぞれどのような特徴があるのか、一つずつ見てみましょう。

日本サプリメント学会認定サプリメントアドバイザー

「日本サプリメント学会認定サプリメントアドバイザー」とはその名の通り、一般社団法人 日本サプリメント学会が認定を行っている資格です。

必要とされる主な条件は、次の通り。

・日本サプリメント学会への会員登録(入会金1万円・年会費1万円)
・日本サプリメント学会が開催するセミナーや学術集会への参加
・年1回行われる学科試験の合格

この資格がスタートしたのは2013年。比較的、歴史の浅い資格といえるでしょう。

もちろん歴史が浅いからダメというわけではありません。中には身長サプリメントに詳しいアドバイザーもいるかもしれませんね。

ただし、認定制度が始まって間もないということは、まだすべてにおいて模索段階である可能性も。

資格取得後のサポート体制が整っているかどうかも、気になる点といえるでしょう。

NR・サプリメントアドバイザー

次に、「NR・サプリメントアドバイザー」について。認定団体は、日本臨床栄養協会。2012年に国立健康栄養研究所認定のNRと統合され、この名称に変更されました。

資格取得のために必要な条件は、次の通りです。

・日本臨床栄養協会への会員登録(入会金1,000円、年会費8000円)
・研修単位(40単位)の取得と、通信教育の受講(e-ラーニング)、学術大会への参加
・年1回行われる認定試験の合格

「臨床」という性質上、医療関係者が多いのが特徴。

国家資格が必要なわけではありませんが、医師や管理栄養士、薬剤師、臨床検査技師などの資格取得が目立ちます。

通信教育の内容を見ても、「基礎の生化学」「臨床栄養」「行動科学とカウンセリング」など、医療寄り。

サプリメントの専門家のための資格というよりは、医療の中でサプリメントを活用するための資格といえそうです。

医学的な原因がない場合は、身長サプリメントのアドバイスを受ける機会は少なさそうですね。

日本ニュートリション協会(JNF)認定サプリメントアドバイザー

日本ニュートリション協会は、サプリメントアドバイスに関する認定を日本で最初に手がけた、歴史ある認定団体です。

主に次のような過程を経て、資格が取得できます。

・厚生労働省のガイドラインに沿った公認テキストを使った学習
・添削問題集に取り組んで提出・合格

同資格は、公認テキストの内容が充実しているのが特徴。

サプリメント先進国アメリカの栄養学に基づいており、「ビタミン・ミネラル編」「ハーブ編」「サプリメント編」「法律編」「サプリメントアドバイザー実践編」と、全5巻で構成されています。

なお、日本ニュートリション協会は、サプリメントの本場、アメリカ・ニュージャージー州に本部を持っているのも、他の資格とは異なる点。

資格取得後も、アメリカの最新情報の定期配信などがあり、サポートが充実しています。

認定団体の歴史や実績、資格取得に向けての学習内容、取得後のサポート体制など、総合的に見て、信頼できる資格といえそうですね。

アドバイスを受けるときも、日本ニュートリション協会認定のサプリメントアドバイザーなら、「サプリメントに詳しいプロ」としての信頼度が高いと考えて良さそうです。

身長サプリメント選びの際は、公式サイトをチェックしてみよう!

身長サプリメントを購入するなら、公式サイトをチェックしてみましょう。

サプリメントアドバイザーの資格を持っているスタッフがいれば、資格取得をアピールする文言が書いてあることでしょう。

ただし、注意したいことがあります。それは、サプリメントアドバイザーは、必ずしも子供の身長の専門家ではないということです。

成長期の子供の背を伸ばすための身長サプリメントを選ぶなら、サプリメントの知識と子供の身長に関する知識、両方を併せ持つ必要があります。

そこで注目に値するのが、身長サプリメント「カラダアルファ(α)」を販売している『健康RSLパフォーマンス』です。

公式サイトを見ると、スタッフの写真入り認定証がずらり。さらに「成長期の栄養補助なら、日本ニュートリション協会公認サプリメントアドバイザーの私達にお任せください!」と書かれています。

しかも「成長期10代専門」とうたっていることから、子供の身長についても詳しいことが推測できます。

これなら、安心して相談できそうですね。

他の栄養系の資格ってどうなの?

意外と多い栄養系の資格、名前は聞いたことがあっても実態はよくわからないのではないでしょうか?

ここでは、サプリメントアドバイザー以外の栄養系の資格について見てみましょう。

子どもの成長に合わせた栄養のアドバイスができるような資格はあるのでしょうか?

栄養士・管理栄養士

栄養のスペシャリストといえばこの2資格です。

超有名な資格なのに、違いを具体的に答えられる人は意外と少なく、同じ資格と思っている人もいるほどです。

栄養士は健康な人への栄養指導。管理栄養士は医療機関などで、健康な人・病気の人・高齢の人それぞれに栄養指導をします。

管理栄養士は栄養士の上位版というところです。

栄養士は食物・栄養系の大学・短大・専門学校を卒業すればすぐになることができますが、
管理栄養士は合格率30~50%といわれる国家試験に合格する必要があります。

国家試験の受験資格を得るためには栄養士として実務経験を積むほか、専門の4年制大学を卒業する必要があります。

何年も長い期間かけて専門知識を獲得した栄養学のスペシャリストです。

アスリートフードマイスター

メジャーリーグで活躍中の田中将大選手の奥さん里田まいさんが取得したことで有名になった資格です。

公式ホームページによると

アスリートのパフォーマンスを最大化するために、年齢別・種目別・時期別に合わせ、最適な食プログラムを提供する人材です。

とあります。

資格取得者は1万人を超える人気の資格です。スポーツを頑張る子どものお母さんが取るケースもあるようです。

スポーツ選手の食事指導のスペシャリストを目指した資格ですが、その専門性は微妙といわざるを得ません。

登竜門である3級は、合計6時間のカリキュラムで取れてしまいます。管理栄養士の最低4年とは雲泥の差です。

最高峰の1級でも時間にすると15時間のカリキュラム。ちなみにサプリメントアドバイザー(日本ニュートリション協会)のカリキュラムは約6ヶ月です。

この門戸の広さも人気資格の秘密かもしれませんね。

公認スポーツ栄養士

こちらもスポーツ栄養の専門資格です。公益社団法人日本栄養士会と公益財団法人日本体育協会の共同認定による資格です。

アスリートフードマイスターが1万人いるのに対してこちらは150人。

そもそもの受験資格が「管理栄養士であること」なので門戸は狭いです。

管理栄養士がスポーツの知識を身に着けた資格と考えていいと思います。

資格のレベルだけでいうと、アスリートフードマイスターより公認スポーツ栄養士の方がはるかに上です。

フードマエストロ・フードコーディネーター

どちらも栄養の専門家というよりは、食べ物(食事)の専門家といった方が的確です。

フードマエストロは農業や漁業、流通など「食」に関する幅広い専門知識を持っていることを認める資格です。

フードコーディネーターはレストランのプロデュースや食の商品開発などの専門資格です。

どちらも「食」ビジネスを支える資格なので、子どもの成長や栄養に関してのアドバイスはできません。

<2017年10月速報> 健康部門 3年連続 第1位!

estoremedal

唯一の成長期10代向けサプリメント
「カラダアルファ(α)」
が全国約20,000店の通販ショップが加盟するEストアーで3年連続、通算9回目の受賞!今回、2017夏期「ダイエット・健康部門」の第1位に!

子供成長サプリの圧倒的ナンバー1はコレ!

このページの先頭へ