薬と身長サプリ、併用するのは危険!?一緒に飲んでも安全な身長サプリもある?

日常生活において、風邪薬や頭痛薬など、医薬品(薬)を飲む機会はしばしばあります。「薬と身長サプリメント、併用は良くないのでは?」「大事な子供の身体、副作用が出たら怖いからやめておこう」と、薬を飲むときは、身長サプリメントは“飲ませない派”もいるでしょう。一方「気になるけど……きっと大丈夫!」と、やや不安に思いながらも、“とりあえず飲ませている派”もいるのでは?

薬と身長サプリメントの併用、実際のところはNGなのでしょうか?それとも、薬やサプリメントの種類によってはOKなのでしょうか?身長サプリメントを正しく活用するためにも、この機会に理解しておきましょう。

kiso009

風邪薬や頭痛薬って、身長サプリメントと併用してOK?

毎日の暮らしの中で、大きな病気にかからなくても、薬を飲む機会はありますよね。

たとえば、風邪を引いて病院に行けば、風邪薬が処方されます。頭が痛い場合は、買い置きしていた市販の頭痛薬を飲むこともあるでしょう。子供がおなかを下しがちなら、「ビオフェルミンを常備している」というご家庭も多いのでは?

最近では子供の花粉症も増えていますから、春になれば花粉症の薬を飲む子供も。思春期は鉄分不足による貧血になる子供も多いですから、病院で造血剤や鉄剤などを処方され、飲むこともありますよね。

このように、“薬を飲む機会は、意外と多い”のです。そんな中、ふと出てくる疑問の一つが、「ところで、薬と身長サプリメントの併用って大丈夫?」ということではないでしょうか?

薬と身長サプリメント、本来はどちらも人体に良い影響を与えるもの。ただし、使い方や飲み方を誤れば、副作用を引き起こす可能性もあります。調剤薬局で「お薬手帳」を使うのは、薬の重複防止に加え、「飲み合わせによる副作用を防ぐ」というのも、大きな目的の一つです。

厚生労働省も、薬と健康食品(サプリメント)の併用に、注意を喚起しています。参考になるのが、厚生労働省医薬食品局食品安全部が出している手引き「健康食品の正しい利用法」です。

この資料をひもとくと、薬の併用に触れている箇所があります。その内容は、次の通り。「(薬と健康食品を同時に摂取すると)健康食品の成分によっては、薬の効果が弱くなったり、副作用が強まったりすることがあります」。要は、「薬と健康食品の併用には注意しましょう」と呼びかけているのです。

「どのような成分配合の身長サプリか?」に注目を!

では、身長サプリメントと薬は併用NGなのでしょうか?一緒に飲むと、「絶対にキケン!」なのでしょうか?その答えを正しく把握するためにも、先ほどの一文をじっくりと検証してみましょう。

実はよく見ると、「健康食品の成分によっては」 という言葉が入っていますよね。ということは、薬と健康食品を併用すると必ず弊害があるわけではなく、「健康食品の成分次第では危険性がある」ということ。では、どのような成分のときに、弊害が起こるのでしょうか?

それはずばり、健康食品(サプリメント)によって、

・自然界に存在する食品では考えられないほど「高濃度」の栄養素が、
・食品からは到底摂れないぐらい「大量に」「集中的に」補給された場合

なのです。あまりに濃いものが大量に体内に入れば、薬の成分と反応しあうことは容易に想像できますよね。要するに、「化学的につくられた合成成分」を配合した身長サプリメントの場合、注意が必要ということです。

たとえば、病気の治療のために、カルシウム製剤を飲んでいるとします。併せて、身長サプリメントからも「合成成分ならではの、高濃度のカルシウム」を、しかも「集中的に」摂ったらどうなるでしょうか?結果的に、「カルシウムの過剰摂取」になりますよね。

カルシウムはもちろん、健康的な生活には欠かせない栄養素の一つ。多くの身長サプリメントに配合されています。

とはいっても、カルシウムを摂りすぎれば、便秘につながることもあります。また、腎臓に結石ができたり、肝機能障害を引き起こしたり。さまざまな弊害が出ることが分かっています。

つまり意識しておくべきは「化学的な合成成分主体の身長サプリメント」は、飲み合わせによる副作用を引き起こす可能性がある」ということなのです。飲み合わせによる過剰摂取を防ぐためにも、「薬を飲んでいる間は、身長サプリメントをお休みする」という選択肢がベターといえそうですね。

では、薬と併用できる身長サプリメントはないの?

「併用を避けるべし」とはいっても、たとえば花粉症の期間中、数か月にわたって薬を飲むこともあるでしょう。便秘がちならば、数日おきに便秘薬を飲むこともあります。そのたびに身長サプリメントをお休みすれば、継続して飲めなくなってしまいますよね。

でも「薬を長期間飲むなら、身長サプリメントはあきらめなきゃいけないの?」と落ち込む必要はありません。“薬と併用しても大丈夫な身長サプリメント”を選べばOK。合成成分ベースの身長サプリメントを避け、天然成分をベースとした身長サプリメントを選べばいいのです。

なぜなら、天然成分に含まれているのは、天然由来の栄養素。ですから、身長サプリメントを飲むとはいっても、「食事をとっている」のと同じ。通常の食品を食べている感覚で、身長サプリメントを飲むことができます。自然界に存在する栄養素を、自然な量だけ補給していることになりますから、基本的には過剰摂取の心配はないでしょう。

ただし、「もちろん必ず安全」というわけではありません。たとえば、血液が固まるのを防ぐ「血液凝固阻止薬」を服用している場合。たとえ植物由来の栄養素であっても、ビタミンKが含まれる身長サプリメントを飲むと、その薬効を弱めることがあります。

ただしこれは、「身長サプリメントだからダメ」というわけではありません。納豆のように、ビタミンKを豊富に含む食品を摂っても、同じく薬効を弱めることになるのです。

薬を処方されるときは、必要に応じて食事指導も受けることでしょう。「この薬を飲むなら、○○の栄養素を豊富に含む食品は避けてください」などと、アドバイスがあるはずです。

薬を処方される際に、医者から特定の食品の摂取を制限されていなければ、天然成分ベースの身長サプリメントなら続けてもOK。併用しても基本的には問題ありません。副作用を防ぐ意味でも、また何より自然な形で背を伸ばすためにも、「成長期に必要な天然由来の栄養素が」「バランスよく含まれた」身長サプリメントを選びたいものですね。

ただし天然成分は基本的には安心とはいっても、やはり健康のこと。気になる場合は念のため、かかりつけの医師や薬剤師に相談してみると安心ですね。

<2017年7月速報> 健康部門 3年連続 第1位!

estoremedal

唯一の成長期10代向けサプリメント
「カラダアルファ(α)」
が全国約20,000店の通販ショップが加盟するEストアーで3年連続、通算8回目の受賞!今回、2017春期「ダイエット・健康部門」の第1位に!

子供成長サプリの圧倒的ナンバー1はコレ!

このページの先頭へ