成分や含有量など「ラベル」は情報の宝庫!購入時にチェックすべきポイント

身長サプリメントを選ぶとき、どこに着目していますか?

効果を期待すればするほど、つい 「1か月で5センチ伸びた」「25歳を過ぎてからも伸びた」などの派手な宣伝文句に目がいきがち。

でも、冷静にチェックするべきは「身長サプリメントのラベルに書かれた情報」です。

ラベルには、栄養素の名前や小さな数字がずらり。地味で味気なく感じますね。

でも実はここにこそ、身長サプリメントの効果を読み解くための、貴重な情報が詰まっています。

正しい身長サプリメント選びをするためにも、ラベル記載のルールや良いサプリメントを見極めるためのチェックポイントを、把握しておきましょう。

kiso006

健康食品のラベルには書き方のルールがある。

背が伸びる身長サプリメントを選ぶには、やはり「栄養素」が大きなチェックポイント。「どんな栄養素が、どれぐらい入っているサプリメントなのか?」を知ることが大切です。

身長サプリメントを選ぶ際には、必ず商品パッケージのラベルをチェックしたいものです。

ラベルには、身長サプリメントに使われている原材料や内容量など、さまざまな情報が書かれていますよね。もちろん何を書いてもいいというわけではありません。

法律によって、一定のルールが定められていることをご存じでしょうか?

日本のサプリメントは、「食品」に分類されています。消費者の健康を守るため、さまざまな法律によって規定があり、サプリメントのラベル記載に関しては「JAS法」と「健康増進法」によってルールが定められています。

サプリメントのラベルには、この二つの法律によって「決められた項目が」「決められた順番に」記載されているのです。

もちろん身長サプリメントも同じ。この二つの制度で定められたルールにのっとって、ラベルが作られています。一定のルールがあるということは、「比較しやすい」ということでもありますね。

身長サプリメントは通信販売限定の商品も多いので、店頭でパッケージを手に取って比較するのはむずかしいでしょう。

でもインターネットで、「○○(身長サプリメントの商品名)+成分表」などと入力して、検索してみてください。ラベルの写真が見つかりますから、パソコン前でじっくり比較することができます。

「どちらの身長サプリメントを選ぼう?」と迷ったときのためにも、「身長サプリメントのラベルに何が書かれているのか?」「その身長サプリメントに関して、どのような情報が読み取れるのか?」などを、理解しておきたいものですね。

身長サプリメントのラベルの「項目」を要確認!

身長サプリメントのラベルには、どのような項目が書かれているのでしょうか?

JAS法により、「必ずこの項目を、この順番で記載するべし!」と定められているのは、次の通りです。

・名称
・原材料名
・内容量
・賞味期限
・保存方法
・製造者もしくは販売者

この部分を見れば、「どんな材料が入っているのか?」「どんな会社が作っているか」などを読み取ることができますね。

また、健康増進法によって、熱量や栄養成分の重量を書くことも定められています。

きっとこれまでに、「栄養成分表示(100グラムあたり)」として、エネルギー量やたんぱく質の重量などを書いた表示を見たことがありますよね。

単位あたりの熱量や栄養素の重量などを書くのが、健康増進法で定められたルールです。

ラベルを見て、「あれ?保存方法の記載がない!」「あ!製造者も書いていないし、かといって、販売者の名前も見当たらない……」という場合は要注意。

身長サプリメントに詳しくない素人のメーカーが作った、粗悪品の可能性があります。くれぐれも気をつけましょう。

良いサプリメントを見極める、3つのチェックポイント!

さまざまな情報が書かれている、身長サプリメントのラベル。「じっくり見るとはいっても、見るべきものが多すぎて、逆によく分からない」という方もいるかもしれません。

多くの情報をただ漠然と見て、重要なポイントを見落としてしまっては、もったいないですよね。

では、身長サプリメントのラベルに書かれた情報の中で、特に注目すべきは何でしょうか?身長サプリメント選びに活かしたいチェックポイントを3つ紹介します。

ポイント1:冒頭に書かれた原材料に注目する!

ラベルを見たら、「どんな原材料が、どんな順番で並んでいるか?」を見ましょう。

特に、「冒頭にどのような原材料が並んでいるか?」が、重要なポイントです。

というのも、原材料表示には、原材料は重量の大きいものから順番に書くというルールがあるため。冒頭に並んでいる原材料を見れば、特に多く含まれている原材料が分かるのです。

たとえば、原材料表示の冒頭に、次のように書かれている2つの身長サプリメントがあったとします。

a)スピルリナ、コラーゲン、アクアミネラル、ひじき末
b)砂糖、麦芽糖、ゼラチン(豚由来)、水飴、コーンスターチ

この2つの身長サプリメントを見比べて、どちらを選びたいと思うでしょうか?

a)の身長サプリメントには、植物性たんぱく質の「スピルリナ」や、植物由来の天然ミネラルである「アクアミネラル」など、健康的に背を伸ばしてくれるものが早い段階で登場していますよね。

つまりa)の身長サプリメントは、植物性原料が主成分ということ。

「背を伸ばすための良質な栄養素が豊富に含まれた身長サプリメント」「高い効果が期待できる身長サプリメント」といえそうです。

次に、b)を見てみると、砂糖や麦芽糖、水飴など、糖分の名前がずらりと並んでいます。この身長サプリメントは、飲みやすさや食べやすさを向上させるために、糖分をたくさん使っていることが分かります。

背を伸ばす身長サプリメントでありながら、実は「主成分が糖分」なのです。

このような場合、「背を伸ばす栄養素があまり含まれていない身長サプリメント」「高い効果が期待できない身長サプリメント」といえるかもしれませんね。

このように、冒頭にどのような原材料が並んでいるかを見るだけでも、その身長サプリメントの主成分を知ることができます。ぜひチェックしてみてくださいね。

ポイント2:天然成分か合成成分かを調べる!

身長サプリメントの栄養素が本当に背を伸ばしてくれるのか、その手がかりの一つになるのが「天然成分ベースか、それとも合成成分ベースか?」ということです。

それぞれにメリットとデメリットがありますが、安全性や吸収性を重視するなら、天然成分に軍配が上がります。身長サプリメントを選ぶときには、天然成分ベースのサプリメントかどうかを、ラベルでチェックしましょう。

ラベルの成分表示を見れば、天然成分と合成成分、どちらをベースにしている身長サプリメントなのかが分かります。見分け方はいたって簡単!

・合成成分・・・・・・・「ビタミンB1」「VB1」など、栄養素の名称が直接書いてある
・天然成分・・・・・・・「スピルリナ、ひじき末、亜鉛酵母」など、食べ物に近い名称が並ぶ

ちなみに「○○抽出物」「○○エキス」「○○菌」「○○粉末」「○○酵素」などと書かれている身長サプリメントは、注意が必要。

このような表示は実は、「それぞれの原材料に含まれる具体的な物質名が不明である」ことを示しています。

たとえば身長サプリメントの中には、栄養成分表示に「モズク抽出物」「高麗人参抽出物」「さとうきび抽出物」などの名称が並んでいる身長サプリメントもあります。

一見すると、効果がありそうな気がしますね。でも実はこの書き方をするということは、「よく分かっていない」ということ。

たとえば「どれぐらいの量のモズクから抽出したのか?」「高麗人参からどのような抽出法で?」「さとうきびから何を抽出したのか?」は、実は分かりません。何が入っているか分からないのですから、有効なのか、そもそも安全なのかも分かりませんね。

ラベルを見るときは、「天然成分主体か?それとも合成成分?」という観点で、成分表示を見るようにしましょう。

ポイント3:不要な添加物が大量に含まれていないか計算する!

身長サプリメントを選ぶ際、もちろん有効成分の量を知ることは大切です。背を伸ばすかどうかを判断する上で、当然ながら有効成分の量は重要な要素の一つ。

でも同時に把握したいのが、「不要な添加物が大量に含まれていないか?」という点です。

もちろん、添加物が必ずしも悪者というわけではありません。製造する際、添加物をゼロにすることは不可能

たとえば、錠剤タイプの身長サプリメントの場合、糖分からできた賦形剤を使わなければ、押し固めることはできないのです。

とはいえ、身長サプリメントに使われている添加物の中には、不要なものも多々あります。たとえば、

・香りを良くするための「香料」
・色を良くするための「着色料」
・苦味を消して味を良くするための「甘味料」

など。たとえば、イチゴの香りがする身長サプリメントや、鮮やかなオレンジ色の身長サプリメント、甘くて食べやすいバナナ味の身長サプリメントなどは、こうした添加物を使っているのです。

添加物を使えば、たしかに味や見た目は良くなります。「飲みやすさ」という点ではプラスに働くでしょう。

でも、大事な成長期に飲む身長サプリメント。身体がどんどんと多くの栄養素を摂り込む時期です。添加物だらけの身長サプリメントは、長期的に飲むと健康面で不安です。

できるだけ余計な添加物を省いた、安心できる身長サプリメントを選びたいものですね。

実は、市販のサプリメントの中には、「7割以上が栄養素以外の添加物」という粗悪品も。身長サプリメントを選ぶ際には、くれぐれも注意したいものですね。

公式サイトに、ラベル情報の掲載があるかも重要!

身長サプリメント選びに活かしたい、ラベルの見方について解説してきました。ここまでの内容を整理して、覚えておきたいチェックポイントをまとめましょう。

・法律に定められた項目がすべて、順番通りに記載されているか?
・原材料の冒頭に、どのようなものが並んでいるか?
・天然成分を主体にした原材料を使用しているか?
・添加物がやたらと多くないか?

「背を伸ばす!」という目的を達成するためにも、ラベルに書かれた情報をしっかりと読み取り、身長サプリメント選びに活かしましょう。

なお、身長サプリメントのラベルの情報は、「○○(身長サプリメントの商品名)+成分表」などの検索でも探すことができますが、優れた身長サプリメントであれば、公式サイトで栄養成分表示を公開しています。

こうしたメーカーであれば、問いわせにも丁寧に答えてくれるでしょう。

逆に身長サプリメントの中には、公式サイトを見ても「カルシウム○○ミリグラム」などの配合量だけが公開されている商品もあります。

このような「ホームページ上での公開の有無」も、身長サプリメントを見極める一つの基準になりそうですね!

トクホや栄養機能食品のマークがあれば信用できる?

テレビCMでもおなじみのトクホマークや、一部の身長サプリメントにもある栄養機能食品のマーク。これらがあれば信用できるサプリメントなのでしょうか?

それぞれのマークや企画について詳しくみてみましょう。

トクホマーク

トクホは「特定保健用食品」の略称。本来、食品であるサプリメントでは禁止されている効果・効能を表示することができます。

健康食品としての効果を国が保証した製品という意味のマークといえるでしょう。

許可をうける審査は厳しく、実験によって有効性や安全性を確認し、科学的なデータを提出する必要があります。

また、食品のどの成分に効果があるのかを同定し、なぜ効くか?その作用機序も解明する必要があります。解明した結果は専門誌に掲載される必要があります。

少し、聞きなれない難しい言葉が並びましたが、平たくいうと、トクホマークを付けたければ、企業はきちんと実験して科学的なデータを収集したうえで、権威ある学術雑誌などを通して、世に発表されなければならないのです。

これにパスして取得したトクホですから、表示どおりの効果があると信用できるということになるのです。

現在、身長サプリメントでトクホを取得している製品はひとつもありません。

実験で誰にでも効果があると確認するのが難しいからです。

たとえば「脂肪の吸収が穏やかになる」という効果を測定するには、血液中の総コレステロール値を量ればわかります。

「身長を伸ばす効果がある」というのを実証する場合、飲んですぐ身長が伸びれば、良いのですがそうはいきません。

長期にわたる実験をしたとしても、身長には影響する要素が多すぎたり、個人差があるので、サプリメントの効果だと証明するのは難しいのです。

ちなみに、こうした実験(ヒト試験)にかかる費用は膨大です。1回の試験で2千万円以上は必要だそうです。

身長という年単位でみなければいけないものは、費用の面でも実現性の面(成長期の子どもを長期間拘束するという意味)でも難しいのです。

栄養機能食品マーク

栄養機能食品の方は、トクホと違って実験も申請もいりません。勝手に名乗って構いません。

もちろん、名乗るための条件はあります。

そもそも「栄養機能食品とは何か?」ですが、日常的に必要なビタミン・ミネラルの補給、補完を目的とした食品ということになります。

12種類のビタミン、5種類のミネラルのいずれかが、消費者庁の定める下限値・上限値の間なら、栄養機能食品ということができます。

名乗るためのハードルは、限りなく低いです。

身長サプリメントの中にも、条件は満たすものの栄養機能食品の表記がないものがたくさんあります。

ビタミンなどが規定量入っていることを意味する表記なので、効果や品質の良さとは関係がありません

衝撃!7割近くのサプリメントに不適正表示あり!

東京都では健康食品での健康被害を防止するため、実際に購入し調査を行っています。

その結果をまとめた「平成28年度健康食品試買調査結果」では、購入した125品目中、84品目で不適正な表示や広告があったというので驚きです。

割合でいうと67.2%。実に3分の2を超えています。

さらに購入した経路をインターネットだけに絞るとに限ると83.8%が不適正。正しく表示しているのは2割に満たないという悲しい状況です。

大部分が「○○な効果がある」「ついてしまった肥満成分を燃焼」といった広告の不適正な表示ですが、

中には、ヒドロキシチオホモシルデナフィルとチオデナフィルを含む製品やホモタダラフィルを含む製品など、未承認の医薬品成分が使われているものまでありました。

サプリメントの表示や広告には、いくつかの法律で規制やルールが決まっているのですが、その履行は、メーカーの良心に一任されています。

メーカーはやろうと思えば、成分の表記も偽ることができてしまいます。きちんと信用できるメーカーの製品を選ぶことは重要です。

<2017年10月速報> 健康部門 3年連続 第1位!

estoremedal

唯一の成長期10代向けサプリメント
「カラダアルファ(α)」
が全国約20,000店の通販ショップが加盟するEストアーで3年連続、通算9回目の受賞!今回、2017夏期「ダイエット・健康部門」の第1位に!

子供成長サプリの圧倒的ナンバー1はコレ!

このページの先頭へ