粉末に錠剤、ゼリーやグミ……成長期向け身長サプリメントに適した形状は?

身長サプリメントには、さまざまな形状のものが存在します。たとえば、同じカルシウム配合の身長サプリメントでも、粉末タイプもあれば錠剤タイプも。ゼリーやグミタイプのものもあります。選ぶときに、「粉末で溶かすタイプだと、飲みやすそうだから」といった、“なんとなく”の感覚で選んでいませんか?

身長サプリメントの効果を期待するなら、それぞれの特徴を知った上で選びたいもの。身長サプリメントの主流になっている「粉末・錠剤」の2タイプを中心に、特徴や注意点をまとめました。ぜひ身長サプリメント選びに役立ててくださいね。

kiso010

溶かして飲める「粉末(パウダー)」身長サプリメント

身長サプリメントでよく見かけるのが、カルシウムやマグネシウムなどの有効成分をパウダー状にした「粉末タイプ」です。身長サプリメント以外なら、青汁やコラーゲン、BCAAをはじめとしたアミノ酸サプリメントなども、粉末タイプが多いですね。

粉末タイプの製法は、大まかに分けると2種類。「素材を細かく砕いたもの」と「原料となるものをアルコールや水で抽出して乾燥させたもの」があります。いずれの種類にせよ、粒子が細かい分、有効成分が比較的速やかに吸収されるのが特徴です。

粉末タイプというと、「粉末は材料を細かく砕いたもの。混ぜ物が少なくて、純度が高そう」と思う方も多いようですね。実際に、粉末タイプのサプリメントでは、「高純度」「純度100%」といった売り文句を見かけます。この「純度が高そう」という印象も、粉末タイプの身長サプリメントが選ばれる理由の一つでは?

たしかに、本当に原料を砕いてそのまま食べるのであれば、純度は高いでしょう。でも実際には、原料を砕いたままでは味やにおいがきつく、そのままでは到底飲めません。たとえば、たんぱく質粉末のプロテインでも、たんぱく質分およそ75%のものが主流です。

また水に溶かしやすくするために、必要な成分を加えている場合もあります。たとえば青汁の商品パッケージに、「○○エキス末 100%」と書かれていたとしましょう。あたかも有効成分100%のように見えますよね。

ところがこの場合、「○○エキス末」を作る際に、実は添加物が使われています。デキストリンという粉末安定化剤を加えなければ、水に溶けないからです。

つまり、「粉末タイプは純度が高そう」というのは、あくまでイメージ。ましてや原料100%の純度は、実現しないのです。

なお、粉末タイプの身長サプリメントの中には、牛乳に混ぜて飲むことを勧めているものもありますね。手軽に飲めそうなイメージですが、注意したいことがあります。それは、「牛乳は意外と高脂肪・高カロリー」だということです。

背を伸ばすには、一日三食の食事から、バランスよくしっかり食べるのが基本。ところが身長サプリメントを飲むために牛乳を一緒に飲むと、おなかがいっぱいになってしまいます。

小食の子供が、身長サプリメントを飲むために牛乳を飲み、満腹になって肝心の食事が食べられない……これでは、本末転倒ですよね。「混ぜることで高カロリーになることもある」という点も、十分に理解しておきたいものです。

飲みやすい!「錠剤」タイプの身長サプリメント

錠剤タイプのサプリメントは、粉末や顆粒の成分を、飲みやすく圧縮・成形したもの。粉末のように湿気を含まないので、常温での長期保存に向いています。粉末のように飛び散らないため、取り扱いしやすい点も特徴です。

しかも錠剤タイプは、小粒で携帯にも便利。水さえあればどこでも飲めますから、家族旅行の際も、手軽に持って行くことができますね。

なお最近では、水なしで飲める「チュアブル」という錠剤も開発されています。「かんで食べるカルシウム」「水なしでカリポリッと手軽に補給」といった表現を見かけたことがあるでしょう。

水なしで飲める手軽さは魅力ですが、噛んで摂取するため、味や香りが強調されます。そのため、糖分や香料を加えて調整しているものも。実際に、大手メーカーが販売している、チュアブルタイプのカルシウムサプリメントを調べてみると、「甘味料(キシリトール、スクラロース)」「香料(乳成分、バナナを含む)」などの表示が見られます。

摂取しやすさも重要ですが、そのために甘味料や香料を毎日摂るのは考えものです。水で飲むことに、よほどの面倒さを感じなければ、やはり水で飲むタイプの錠剤がベターでしょう。

なお、身長サプリメントのことを調べる中で、「錠剤タイプには、賦形剤などの添加物が使われている」といった情報を見かけたことがあるかもしれません。その他、詳しく調べたことのある方なら、「滑剤」「光沢剤」などの言葉を見かけたこともあるかもしれませんね。そのために「錠剤には余計なものが入っている」という印象を持つ方もいるのでは?

錠剤タイプには、どのような添加物が使われているのでしょうか?本当に身体に悪いものなのでしょうか?この機会に「結合剤」「滑剤」「光沢剤」の3つについて、理解を深めておきましょう。

>>1:賦形剤(ふけいざい)

賦形剤の「賦」は、「授けて与える」という意味。つまり賦形剤とは、「形を与える」ためのもの。賦形剤を使うことで有効成分を押し固めて成形し、サプリメントの形にします。つまり錠剤タイプのサプリメントをつくる際には、なくてはならない存在なのです。

賦形剤に使われる材料は主に、乳糖やでんぷんなど。実は錠剤や顆粒剤、散剤(粉薬)など、ほとんどの医薬品に加えられています。医療の現場で使われているのですから、安全性が確認されていることが分かりますね。

>>2:滑剤(かつざい)

滑剤とは、サプリメントを型で成形するときに、型に付着しないようにするために使われるものです。滑材がなければ、成形がうまくいきません。賦形剤と同様に、「余計なもの」と過剰に反応する必要はないでしょう。主な材料には、脂肪酸や炭酸マグネシウムなどがあります。

>>3:光沢剤(コーティング剤)

光沢剤は、サプリメントを酸化や湿気から守るために使われます。また、表面がザラザラしていると飲みにくいので、表面を滑らかにして飲みやすくするためにも使われます。主な材料としては、天然樹脂であるシェラックやミツロウなどがあります。

……このように、錠剤タイプの身長サプリメントをつくる際には、たしかに添加物も使われます。ただし基本的には「なくてはならないもの」です。必要以上に敬遠する必要はないといえるでしょう。

形状別!身長を伸ばすサプリメントを選ぶときのチェックポイントは?

サプリメントには、粉末や錠剤以外にも、カプセルタイプもあります。ただし、成長期向けの身長サプリメントでは、カプセルタイプはほぼ見かけません。

というのも、錠剤と比べるとサイズが大きくなりますし、口の中でカプセルが張り付きます。要は「子供には飲みにくい」のです。小学校高学年にもなれば、問題ないかもしれません。でも、まだ小学校3~4年生だと飲みにくいと感じる子供もいるはずです。

何よりカプセルタイプは、カプセル代が上乗せされる分、製造コストが高くなります。コストがかかれば、メーカーとしては「商品の価格に上乗せする」もしくは「有効成分の含有量を削り、総コストを下げる」という手をとることでしょう。

身長サプリメントは、基本的には継続して長期にわたって飲むもの。コストが高すぎると、続けづらくなります。とはいえ、コストを下げるために有効成分量を減らしたものでは、意味がありませんね。

こうした理由から身長サプリメントにおいて、カプセルタイプは少数派。粉末や錠剤が主流です。その他、お菓子感覚で食べられるゼリータイプやグミタイプなども。栄養成分をしっかりチェックした上で、子供の年齢や生活リズムなどに合わせて選ぶといいでしょう。

ただし、いくつか注意したい点があります。形状別に、チェックしたいポイントをお伝えします。

>>ポイント1:粉末・グミタイプ:甘みづけの糖分や香料が多すぎないか?

粉末タイプの身長サプリメントは、飲みやすさを考えて、甘味料や香料などの添加物を使っている場合があります。たとえば、「子どもに人気のバナナ味」「おやつ感覚で飲めるいちご味」などと書かれた、粉末タイプの身長サプリメントを見かけますよね。

たしかに、甘みや香りがついていれば、子供にとって「おいしい!」と感じるサプリメントになるでしょう。ただし身長サプリメントは、基本的には長期的に飲むもの。できれば甘味料や香料などは控えたいですよね。

粉末タイプの身長サプリメントを選ぶ場合は、余計な添加物で味や香りをつけすぎていないか、十分にチェックしたいものです。

同様の理由で気を付けたいのが、食べやすさをアピールしているグミタイプの身長サプリメント。お菓子感覚で食べられる点では便利ですが、栄養成分を見ればまさに「お菓子」であることも。

ラベルの成分表示には、重量の大きい原材料から順に書くというルールがあります。身長サプリメントも、当然重量の大きいものから並べます。

たとえば、食べやすさを前面に打ち出している、グミタイプの身長サプリメント。その栄養成分表示を見てみると、「砂糖、麦芽糖、ゼラチン(豚由来)、水飴、りんご果汁、コーンスターチ、亜鉛酵母、ソルビトール、乳酸カルシウム、卵殻カルシウム、酸化マグネシウム」と書かれています。

冒頭に書かれている材料は、特に多く含まれている材料ということ。どのようなものか、一つずつ見てみましょう。

・砂糖・・・・・・・・・・甘みをつけるために使われる添加物。
・麦芽糖・・・・・・・・グミの形を作るための添加物。
・ゼラチン・・・・・・グミの形状に整えるための添加物。

続いて並んでいる水飴やりんご果汁も、当然ながら身長を伸ばすための栄養素ではありませんね。あくまで味を「おいしく」するための栄養素です。

つまり、食べやすさやグミの形状にこだわるために、「添加物が主成分になっている身長サプリメント」であることが分かりますよね。

身長サプリメントを飲む目的は当然、「背を伸ばす」ことにあります。効果を出すために継続することは大事。でも、そのために添加物だらけの身長サプリメントを飲むのは、本末転倒といえそうですね。

粉末タイプやグミタイプの身長サプリメントを選ぶときは、「甘味料や香料が過剰に含まれていないか?」をチェックするようにしましょう。

>>ポイント2:錠剤タイプ:粒は飲みやすい大きさ&厚さか?

錠剤タイプの身長サプリメントを選ぶなら、まず意識したいのが「粒の大きさや厚み」です。

錠剤タイプの身長サプリメントの場合、「1回に5~10粒」といったように、複数個飲むケースが多いですよね。粒が大きかったり厚かったりすれば、子供が飲みにくい場合も。毎回飲みにくさを感じれば、次第に飲むのがおっくうになる恐れもありますよね。

錠剤タイプの身長サプリメントを選ぶなら、「粒は小さめで、子供でも楽に飲み込めるか?」「子供でも飲みやすい、薄いタイプか?」などをチェックしましょう。

錠剤タイプの身長サプリメントを比較してみると、飲みやすさで軍配が上がるのが「カラダアルファ(α)」です。その大きさは「直径8.0mm・厚さ4.5mm」……と数字を見ても、サイズ感が把握しにくいかもしれません。身近なものと比べてみましょう。

・一般的な錠剤サプリメント・・・・・・9.1×5.8
・カラダアルファ・・・・・・・・・・・・・・・・8.0×4.5
・ミントタブレット・・・・・・・・・・・・・・7.0×3.3

※「直径×厚さ」、単位はmm。

ミントタブレットと比べれば大きいものの、一般的な錠剤サプリメントと比べると、ぐっと小粒で薄いことが分かります。これなら、子供でも飲みやすいですね。

>>ポイント3:錠剤タイプ:賦形剤が必要以上に含まれていないか?

錠剤タイプの身長サプリメントでもう一つ意識したいのが、「賦形剤の含有量」です。有効成分を固めて錠剤にするには、賦形剤の使用が不可欠。錠剤タイプの身長サプリメントには、必ず賦形剤が含まれています。

ただし賦形剤は、別名「増量剤」と呼ばれることもあるように、「体積を増やす」という役割も果たします。粗悪なサプリメントの中には、7~8割が賦形剤でつくられており、栄養素がほとんど含まれていないものも……。

いくら必要不可欠の存在とはいえ、「賦形剤を含みすぎている身長サプリメント」は避けたいものです。身長サプリメントのラベルを見て、賦形剤が上位に入っていたら、粗悪品の可能性があります。効果の出ない身長サプリメントにだまされないよう、くれぐれも注意しましょう。

ちなみに、先ほどの身長サプリメント「カラダアルファ(α)」は、賦形剤の使用も最小限に抑えています。

その分、粒には、身長の伸びをサポートする栄養素がぎっしり!ホームページにも、「栄養素の含有量が多すぎて、粒にして固めるのが本当に大変だったと、工場長が嘆くほど詰め込みました!」と書かれています。

背を伸ばすための栄養が豊富、しかも小粒で飲みやすい錠剤タイプ!これなら、「安心して飲み続けられる身長サプリメント」といえそうですね。

<2017年7月速報> 健康部門 3年連続 第1位!

estoremedal

唯一の成長期10代向けサプリメント
「カラダアルファ(α)」
が全国約20,000店の通販ショップが加盟するEストアーで3年連続、通算8回目の受賞!今回、2017春期「ダイエット・健康部門」の第1位に!

子供成長サプリの圧倒的ナンバー1はコレ!

このページの先頭へ