ついに結論!成長期に牛乳を飲めば身長は伸びるの?議論を呼ぶ安全性は!?

昔から、「背を伸ばす代表選手」として扱われてきた牛乳。ところが現在では、「牛乳を飲んでも背が伸びない」という否定派の意見も。

「むしろ牛乳を飲みすぎるとキケン」と、安全性に疑問を投げかける意見も登場し、注目が集まっています。

果たして牛乳は、背の伸びにプラスに働くのか、働かないのか?安全なのか、キケンなのか?「肯定派VS否定派」の大激論を見ながら、真実にせまってみましょう。

cov016

牛乳神話が崩れた!?「実は背が伸びない」という驚きの意見が!

昔から、“完全栄養食品”と評価されてきた牛乳。家庭でのパン食にも学校給食にも、欠かせない存在でした。

「休んだ友だちの分まで飲んでいた!」という牛乳大好きな方もいますが、「ただでさえ苦手なのに、ごはん給食の日の牛乳は、特に辛かった……」という、牛乳苦手な方もいますよね。

でも、どんなに牛乳が苦手でも、残すのは無理だったのでは?

というのも、なにせ「牛乳は背を伸ばしてくれる飲み物」という位置づけ。

家の冷蔵庫の中には、常に牛乳のストック。残そうとすれば、「背が伸びなくてもいいの?」と親に怒られて、我慢して飲む毎日。

学校では「身長のためにも、がんばって飲みなさい」と先生に付き添われ、涙目になりながら飲み干した……という経験をお持ちの方もいるのではないでしょうか?

当時は、「牛乳を飲むと背が伸びる」という“牛乳神話”が、家庭から教育現場まで浸透していたんですね。

ところが現在では、事情が一変。さまざまな研究が進み、実は牛乳だけでは背を伸ばす効果がないことが指摘されています。

それどころか、安全性に問題がある可能性も示唆されているのです。

牛乳を飲みすぎると、身長を伸ばすのに逆効果!?

そもそも、牛乳を飲むと身長が伸びると考えられているのは、牛乳がカルシウムを豊富に含むため。

カルシウムを摂ると、さも背が伸びるように言われることも多いですが、真実ではありません。

というのも、身長が伸びるというのは、実は「骨が伸びる」ということ。だから背を伸ばすには、骨を伸ばす栄養を摂ることが必要です。

ところがカルシウムは、「骨を伸ばす」栄養ではなく、「骨を強くする」栄養。骨を伸ばそうと思ったら、たんぱく質を摂るのが正解なんですよ。

むしろ「牛乳を飲めば背が伸びる!」と誤解してガブ飲みしてしまうと、身長の伸びにデメリットが生じます

代表的なものを3つ紹介しましょう。

デメリット1)肥満を招き、背の伸びがゆるやかになる

牛乳にはたんぱく質も含まれていますし、骨を強くする意味ではカルシウム摂取も欠かせません。でも脂質も豊富に含みますから、牛乳の飲みすぎは肥満の原因に。

肥満気味になると成長ホルモンの分泌が減るため、背の伸びがゆるやかになってしまうのです。

実際に、子どもの肥満やカロリーオーバーが問題視されているニューヨーク市では、2006年に学校給食から牛乳が外されていますよ。

デメリット2)満腹感から、身長を伸ばすために必要な栄養素が摂れなくなる

背が伸びるためには、栄養が必要です。骨を伸ばすたんぱく質を中心として、各種ミネラルをバランス良く、しかもたっぷり摂る必要があります。

でも牛乳を飲みすぎると、脂肪分が高く、味も濃いことから、満腹感を覚えてしまいます。

すると肝心の食事を食べられない事態に。結果的に、身長を伸ばすために必要な栄養素が、摂れなくなってしまうのです。

そもそも、カルシウム摂取を期待して飲む牛乳ですが、単体で飲んでも効果薄。たくさん飲んでも、カルシウムは有効活用されません。

というのも、カルシウムが有効に使われるためには、リンとの比率が重要。ところが牛乳には、過剰なリンが含まれており、かえって吸収を妨げると言われているのです。

デメリット3)大量に含まれる女性ホルモンにより背の伸びがストップ

人間の場合、思春期になると、女の子は女性ホルモンが大量に分泌されるようになります。

そのおかげで女の子らしい体つきになるわけですが、女性ホルモンは背の伸びをゆるやかにする作用も。

女の子の最終身長が、男の子と比べて低くなる傾向にあるのは、女性ホルモンが関係しているのです。

いま日本で販売されている牛乳は、妊娠中の雌牛からも搾乳されています。人間と同じく、妊娠中は卵黄ホルモンや黄体ホルモンなど、女性ホルモンが大量に分泌。

その結果、私たちが飲む牛乳の中にも、女性ホルモンがたくさん含まれます。

そのため、「牛乳の摂りすぎ=女性ホルモンの大量摂取」につながり、結果的に背の伸びをストップさせてしまうのです。

賛否両論!牛乳の安全性ってどうなの!?

牛乳の飲みすぎが、背の伸びにマイナスに働くということをお伝えしました。

それだけではなく、近年では「牛乳の安全性に問題がある」と主張する医者も。

2005年には、内視鏡検査の世界的権威である新谷弘実医師が、『病気にならない生き方』を出版。牛乳の安全性に疑問を投げかけたことなどが注目され、大ベストセラーに。

この本をきっかけに、「牛乳はよくない」という意見がネット上でも多く見られるようになりました。

ところが、大学教授や乳業協会、栄養士会は従来通り、「牛乳は安全である」と主張。

特に、医師や栄養学の専門家らでつくる「牛乳乳製品健康科学会議」は、新谷医師の主張に対して猛反発

著書の内容について公開質問状を送付して、徹底的に抗議する動きがありました。

一体どちらが正しいのでしょうか?「牛乳が安全でないって、どういうこと!?」という方のために、否定派の代表的な意見を紹介しましょう。

意見1)乳糖を分解できず、おなかの不快症状を引き起こす

牛乳を飲むと必ずおなかがゴロゴロする方や、下痢気味になる方はいませんか?もしかしたら、日本人に多い「乳糖不耐症」かもしれません。

牛乳には、糖類の一種である「乳糖」が含まれています。本来であれば乳糖は、乳糖分解酵素(ラクターゼ)という消化酵素によって、ガラクトースとグルコース(ブドウ糖)に分解。小さくなってから、小腸で吸収されます。

ところが乳糖不耐症の人は、乳糖分解酵素(ラクターゼ)が不足しています。そのため乳糖が十分に分解されず、大きなサイズのまま大腸へ。

この乳糖が腸を刺激し、下痢やおなかの張りなど、不快な症状を引き起こすと言われています。

意見2)カゼインが腸壁から血管内に入り、アレルギー体質を招く

牛乳の主要たんぱく質であるカゼインは、粒子が小さめ。腸の機能が弱っていると、腸壁を素通りして、血液の中に入ってしまいます。

カゼインが未消化のまま腸壁から吸収されてしまうと、身体は異物として認識。免疫反応を起こし、花粉症やアトピー、ぜんそくなどのアレルギーを引き起こすと言われています。

意見3)骨からカルシウムが溶け出し、骨がもろくなる

動物性たんぱく質が非常に多い牛乳や乳製品を過剰に摂取すると、血液が酸性に傾きます。

すると、身体がその状態を察知して、「酸を中和しなければ!」と判断。骨の中からカルシウムを取り出して、血液のpHを元通りにしようとします。

その結果、骨からカルシウムが溶け出す「脱灰(だっかい)」が促進されると考えられています。骨を強くするために飲んでいるつもりの牛乳が、かえって骨を弱くすることになってしまうのですね。

 
このように、肯定派も否定派もどちらも存在します。ところがどちらの主張が正しいのかは、まだ確定していません。実は、牛乳が体にとって安全か否かは、解明されていないということなんですね。

どちらの意見も知った上で、「飲みすぎない」という選択をするのが良さそうですね。

なぜ、学校給食では牛乳が出続けるの?

飲み残しが多かったり、米飯メニューとの組み合わせも悪く、牛乳のせいで給食を食べ残すので、給食で摂るべき栄養が摂れないのではという声や、

牛乳アレルギーの児童が増えたこと、牛乳の安全性に対する心配から、給食の牛乳を廃止してほしいという意見が自治体に寄せられています。

それでも、学校給食で牛乳が出され続けるのは、「学校給食法」に基づいた国の方針だからです。

完全給食とは、給食内容がパン又は米飯(これらに準ずる小麦粉食品、米加工食品その他の食品を含む。)、ミルク及びおかずである給食をいう。

法令で、給食にミルクと定義されているのです。

なので、市民が口々にクレームをつけたところで、自治体としては対応するのが難しいのです。

しかし、2015年に新潟県三条市では、12年の準備期間を経て、牛乳抜きの完全米飯給食を実施しました。

罰則はないものの、牛乳なしだと区分上「給食」に当たらない可能性が出てきます。行政上の不利益も考えられるのです。

それでも、給食から牛乳をなくしたということは、衝撃のニュースとして大きく報道されました。

さて現在、三条市の子どもたちが学校で全く牛乳を飲まなくなったかというと、実はそうではありません。

給食の一品としては出ませんが、ドリンクタイムという別の時間に牛乳を飲んでいます。

三条市では、給食から牛乳を廃止してから、ほぼ毎日、小松菜のおかずを出したり、ひじきやちりめんじゃこなどを出して、カルシウムを摂取できるよう工夫をしています。

それでも、栄養の面を考えた場合、学校から完全に牛乳を消すのは得策とはいえませんでした。

経済的にカルシウムを補給でき、栄養価の高い牛乳。他に置き換えるのは、なかなか難しいというのが現実です。

飲みすぎると貧血になるって本当?

栄養豊富な牛乳ですが鉄分の含有量が極めて少ないのです。

そのため、牛乳を飲みすぎると貧血になることが指摘されています。

長期間にわたって牛乳を大量に飲み続けると、鉄分が不足して鉄欠乏性貧血になるのです。いわゆる牛乳貧血です。

牛乳が原因のような名前ですが、牛乳そのものがどうというより、飲みすぎてきちんと食事がとれなくなることが原因です。

日本小児科学会認定専門医、日本アレルギー学会認定専門医・指導医の清益氏によると1日400mlくらいが予防の目安。牛乳でお腹いっぱいにならないことが肝心です。

鉄分の豊富な食事を心がけながら、牛乳を飲んでいれば牛乳貧血はあまり心配ありません。

鉄はレバーや大豆、アサリやヒジキなどに多く含まれています。

追記:明治大学がひとつの結論を発表!

2017年の産経新聞社のニュースサイトで「牛乳有害説」をトンデモ発言として、提唱者の新谷弘実氏をバッサリ切り捨てました。

産経新聞は過去にも新谷氏への公開質問を経て、科学的根拠なしと結論づけ紙面に掲載しましたが、反対意見も多く、有害説は根強く残っています。

10年近くの時を経て、もう一度「牛乳有害説」を切ったのは、ある研究機関の発表があったからです。

明治大学科学コミュニケーション研究所が、有害説の家元ともいえる新谷氏の主張を様々な角度で評価し、論理的に多くの矛盾点がみられることを指摘したのです。

データの再現性の低さなど、多くの問題点を抱えているにも関わらず、一般に強く影響を与えている感染力の強い説としています。

研究所のコミュニティでは、今も意見が活発にやり取りされていますが、大学側の主張を覆す有力な意見というのはまだ出ていません。

2017年においてひとつの結論とみても良いかもしれません。

<2017年10月速報> 健康部門 3年連続 第1位!

estoremedal

唯一の成長期10代向けサプリメント
「カラダアルファ(α)」
が全国約20,000店の通販ショップが加盟するEストアーで3年連続、通算9回目の受賞!今回、2017夏期「ダイエット・健康部門」の第1位に!

子供成長サプリの圧倒的ナンバー1はコレ!

このページの先頭へ