え、身長はあまり遺伝しない!?実は“もっと大事な”習慣とは?

遺伝の影響が大きいと思われがちな身長ですが、遺伝が及ぼす影響は意外と小さめ。実は、成長期の過ごし方のほうが、重要だということが分かっています。そこで今回は、「本当に遺伝は関係ないの?」という理由を見ながら、「それでは、どんなふうに過ごせばいいの?」という重要ポイントを整理しましょう。

cov015

意外と小さい!遺伝が背の伸びに及ぼす影響

わが子にはすくすくと、なるべく大きく育ってほしいもの。「でも、夫婦共に背が低いから、身長がぐっと伸びるのは無理かも」とあきらめていませんか?

昔から、「身長は親からの遺伝で決まる」ということが、よく言われてきました。たしかに、「みんな背が高い家族」や「そろって背が小さめの家族」ってありますよね。実際に、「身長はある程度は遺伝に左右される」ということも明らかになっています。

ただしポイントは、「ある程度は」という点。身長は、遺伝だけで決まるものではありません。実は身長に影響を与える要因としては、「遺伝25%、後天的な環境75%」と言われています。

ですから、保護者さまの身長が低いからといって、あきらめる必要はまったくありません。もちろん、25%は遺伝の要素が影響します。でも、後天的な環境を整えてあげることで、いくらでもカバーできるということなんですよ。

日本人の平均身長が10cm以上伸びている!遺伝が影響しない根拠とは?

遺伝の影響が小さいと聞いても、なかなか納得できない方もいることでしょう。具体的な数字を出して、説明しますね。

分かりやすいのは、昔の日本人と現代の日本人、両者の平均身長を比べてみること。たとえば戦後すぐの1950年、成年男性の平均身長は「160.3cm」でした。一方、現代に入って2012年になると、どうでしょうか?平均身長がぐっと伸びて、「171.2cm」に。この約60年もの間に、平均身長がなんと「11cm」も伸びているのです。なぜ、こんなにも平均身長が伸びたのでしょうか?

たかだか60年の間に、日本人の遺伝子が大きく変化したとは考えられません。だとすれば、考えられる要因はただ一つ。それは、戦後日本において、食糧事情が改善されたから。食生活の変化が、身長の伸びにプラスに働いたというわけです。

歴史が語る!日本人の食事と身長の関係

戦後の日本人が、食糧事情の改善により、背が伸びてきたことが分かりました。それでは、具体的には、どのような食生活になったことが、身長の伸びにつながったのでしょうか?

その答えを教えてくれるヒントは、「江戸時代の平均身長」にあります。身長が食糧事情に左右されるのであれば、昔であればあるほど低そうですよね。ところが、日本の長い歴史において、もっとも背が低かったのは、平均身長がおよそ「155cm」の江戸時代。逆に、江戸時代よりはるかに食糧事情が悪かったであろう縄文時代の人のほうが、背が高いのです。長いスパンで見ると、弥生時代初期から江戸時代にかけて、日本人はどんどん小さくなっていったのです。

身長が低くなり続けた原因はずばり、弥生時代に入って稲作が始まったため。縄文時代までは、採集と狩猟による食生活でした。木の実や野草などの植物を集めたり、種子を拾ったり。また、野山で動物を追って狩りをしたり、川や海で、魚や貝などを捕まえて食べたりする生活でした。

ところが稲作が始まると、「コメ食」に偏る生活に。すると、さまざまな食品から、たんぱく質を摂ることがむずかしくなったことが推察されます。というのも、肉や魚はもちろんのこと、木の実や種子には、良質なたんぱく質が含まれています。縄文時代の人は、たんぱく質を豊富に摂る食生活を送っていたんですね。

歴史の真実が教えてくれるのは、「背を伸ばすためには、たんぱく質を十分に摂ることが大事」ということ。たしかに、現代の日本人の背が伸びているのも同じ。戦後になって欧米型の食事スタイルになり、肉食が増えたことが大きな理由と言われていますよね。

身長を伸ばすには、動物性と植物性たんぱく両方をバランス良く!

背を伸ばすためには、たんぱく質を豊富に摂ることが大事。ただし現代人のたんぱく源は、動物性に偏っていることが示唆されています。植物性たんぱく質を比べると、動物性のたんぱく質のほうが「利用されやすい」という特徴があり、積極的に摂る必要があります。ところが、動物性たんぱく質には脂質も多く含まれるため、肥満や生活習慣病の引き金にも。ですから、植物性たんぱく質もバランスよく摂る必要があるのです。

植物性たんぱく質を豊富に含むのは、豆腐や納豆、高野豆腐など、主に大豆製品。昔ながらの「一汁三菜」の食生活なら、無理なく摂れるものばかりです。とはいっても、何かと忙しい現代。共働きも増え、理想的な食事を毎日コンスタントに用意することは、むずかしいケースもあるでしょう。

解決法としては、「うまくサプリメントを活用する」ということ。もちろん、基本的には食事からたんぱく質を摂りましょう。その上で、必要に応じてサプリメントの活用を。不足している植物性たんぱく質を中心に補って、栄養バランスを整えるというスタンスがおすすめですよ!

<2016年10月速報> 健康部門 6期連続 第1位!

estoremedal

唯一の成長期10代向けサプリメント
「カラダアルファ(α)」
が全国約20,000店の通販ショップが加盟するEストアーで6連続受賞!今回、2016夏期「ダイエット・健康部門」の第1位に!

子供成長サプリの圧倒的ナンバー1はコレ!

このページの先頭へ