成長ホルモン配合の身長サプリ摂取の効果は?子どもが飲んで大丈夫?

背を伸ばすためには、成長ホルモンがたっぷりと分泌されることが大切です。そこで多く出回っているのが、分泌を促すアルギニンやα-GPCを配合したサプリメント。

ところがこれらは、実際には効果がないことが分かっています。

「では、成長ホルモンを直接摂取するサプリメントは?」というのが、今回のお話。

成長ホルモン配合のサプリメントを飲めば、本当に身長は伸びるのでしょうか?安全性には問題がないのでしょうか?代表的なサプリメントの種類を例に挙げながら、一つずつ検証していきましょう

cov003

ヒト成長ホルモン(HGH)配合のサプリメントの効果って?

まずは、ヒト成長ホルモン(HGH)が配合されたサプリメントについて。ヒト成長ホルモンを経口摂取すると、どうなるかご存じですか?

「もちろん成長ホルモンとして作用して、背を伸ばしてくれて……」「直接骨に働きかけて、短期間で成果が現れるはず」と思いますよね。

ところが、残念ながらそうはなりません。ヒト成長ホルモンを口から入れると、胃の中で分解されます。その後、小腸にたどりつき、最終的には「アミノ酸として」吸収されてしまいます。

あいにく、成長ホルモンとして活用されることはないのです。

仮に分解されずに、胃をうまく通り抜けたとしましょう。ヒト成長ホルモンは分子量が大きいため、残念ながら腸で吸収されることはありません。

いずれにせよ、経口摂取したヒト成長ホルモンが、背を伸ばすために有効活用されることは期待できないのです。

また、舌や鼻にスプレーするタイプの、成長ホルモンサプリメントもあります。粘膜に噴射するので、いかにも浸透しそうなイメージですよね。

ですが、こちらも結果は同じ。分子量が大きいため、粘膜を通って吸収されることはありません。

しかもヒト成長ホルモンは、分解されやすい性質を持っています。そのため、医療用の成長ホルモン製剤は粉末状のものを専用の溶液で溶かし、すぐに使用するようになっています。

溶かしたまま放置すると、有効成分が失われてしまうのです。つまり、長期間スプレー瓶の中で保存されているものは、残念ながらその働きを失っているということです。

飲んだとしても、舌や鼻にスプレーしたとしても、ヒト成長ホルモンが有効に使われることはありません。悲しいかな、これが事実なのです。

骨を成長させるホルモンIGF-1配合サプリメントは?

   
骨を伸ばし、身長を伸ばしてくれるのは、ご存じの通り成長ホルモンです。ところが、直接の立役者は、実は成長ホルモンが作用して主に肝臓で作られるIGF-1という成分。

別名の、ソマトメジンCという呼び名のほうが、なじみがあるかもしれませんね。

たとえ成長ホルモンが分泌されていたとしても、それだけでは、身長が伸びるには不十分。骨を伸ばすソマトメジンCが分泌されなければ、背は伸びないのです。

実際に、病院における低身長治療では、ソマトメジンC様物質を注射する治療が取り入れられることもあります。

「ソマトメジンCなら、効果が期待できそう!」と思いたいところ。ですが、サプリメントとして摂ったとしても、あいにく満足できる結果は得られません。

というのも、先ほどのヒト成長ホルモンのケースと同じ。経口摂取すると、基本的に胃で分解され、ただのアミノ酸になります

また、ソマトメジンCよりも分子量が小さく、糖尿病治療で使われるインスリンでさえ、経口摂取できないので自己注射で取り入れます。

しかも、たとえうまく体内に吸収され、血中濃度が上がったとしても、安心できません。ソマトメジンCの過剰摂取は、前立腺ガンや大腸ガン、子宮ガン、肺ガン発症のリスクを高めることが、近年の研究で分かっています。

人工的に作られたものを摂取すると、過剰に摂ってしまいがち。軽々しく使うのは、避けたほうが賢明といえそうですね。

結論!成長ホルモンサプリメントは背を伸ばさない

高い効果が望めそうな、成長ホルモン配合のサプリメント。実際には、消化の過程で分解されて、本来の役割を果たさなかったり、分子量が大きいために吸収されなかったり。

実は、望むような効果が得られないということが、お分かりいただけたことでしょう。

しかも、ガン発症のリスクが高めることにもつながりかねないのですから、十分に注意が必要です。

世の中には、成長ホルモンを摂取すれば、必ず身長が伸びるかのようにうたっている販売サイトもあります。

もちろん成長ホルモン自体は、背を伸ばす上で、欠かせない存在です。ところが成長ホルモンを本当に活用するには、医療現場で実施されているように、いくつかの条件が必要となるのです。

軽々しく利用しては、かえって危険を招きかねません。

お子さまを思えばこそ、なるべく効果の高いサプリメントを選び、飲ませてあげたいと思うもの。

でも、本当に飲ませていいサプリメントなのかということを、いつでも科学的な目で検証することが大事ですね。

追記:もし仮にサプリで成長ホルモンの分泌を増やせたとしたら

これについても、答えは出ています。

身体は、成長ホルモンの分泌をサボってしまいます

かつて、アルギニンやα-GPCよりも、強力な成長ホルモン分泌刺激効果がある「薬」を使った治験が行われました。

実験方法はいたってシンプル。

背が伸び悩んでいる子どもたちを3グループに分け、1つ目のグループには前述の薬「GHRP-2」をたくさん、2つ目のグループには少し、3つ目のグループにはなし(偽薬を投与)として、1年間の成長を比較しました。

結果は、どのグループも同じ。強力な薬剤をもってしても、1日2回程度の投与では、身長の伸びに有意な差は出ませんでした。

なぜ、薬剤は成長ホルモンの分泌を促進するのに、身長は伸びないのでしょう?

それは、成長ホルモンというのは、薬剤で一時的に分泌を増やせたとしても、個人が持っている限界を超えて出るわけではないからです。

薬剤で分泌量がアップした分だけ、もともとの分泌能力が下がる(サボる)のです。

つまり、本来身体がやるべき仕事を薬が肩代わりしただけ。プラスアルファするわけではないんです。

もう一つ、仮の話をすると、

(今のところ存在はしませんが)気軽に成長ホルモンを有効摂取できるサプリメントができたとしてそれを飲めば背が伸びるのでしょうか?

成長期に摂取すれば、身長はどんどん伸びるでしょう。

ただ、かなりのリスクが伴います。個人の成長ホルモンの限界(=調整機能)を無視して成長ホルモンを増やしつづけるのですから、巨人症や先端巨大症の恐れが出てきます。

成長ホルモンは強力に身体に変える働きがあるので、その扱いには注意が必要です。

そもそも成長ホルモンっていったい何?

「ホルモン」とは何か特定の働きをするたんぱく質のことです。

成長ホルモンは、その名のとおり、身体が成長することに役立ったり、代謝(エネルギー生産)に役立ったりと多種多様の働きがあります。

別名:若返りホルモンとも呼ばれ、人生の各時期によって使われ方は違いますが、生涯にわたって体内で作られつづけます。

身長を伸ばすことには、やや間接的に働きます。

まず、肝臓に働きかけ、IGF-1(ソマトメジンC)を製造します。

そして、IGF-1が骨の細胞を成長させ、骨が(背が)伸びるのです。

身長関連の解説をしているサイトでは、成長ホルモン=ソマトメジンCとして説明しているところもありますが、厳密には違います。

この辺がややこしいですね。

成長ホルモンは前述のとおり、サプリメントで摂取しても意味はありません。口から入れても胃や腸で分解されてしまうのです。

なので、増やすにはしっかりと体内で作らせる必要があります

成長ホルモンはたんぱく質の一種。肉や魚で摂ったたんぱく質が何度も体内で変形して作られます。

だからといって、たんぱく質だけを摂ればいいのかというとそうではありません。ビタミンB6に代表される他の栄養素がないと変形させられません。

つまり、成長ホルモンそのものは口から入れることはできませんが、作るための材料となる栄養は、しっかりバランスよく摂る必要があるのです。

成長ホルモン分泌不全による低身長にも効果はないの?

少しでも効果があれば・・・

HGHサプリメントに期待する親御さんの正直な気持ちだと思います。

企業が研究して販売しているので効果がゼロというわけではないだろう・・・

サプリメントを処方しているクリニックもあるというし・・・

プラスにとらえる理由はいくつか見つかりますが、やはり残念ながら経口での摂取は効果が見込めません

それは、成長ホルモン分泌不全性低身長症の子でも同じです。

通常、成長ホルモンの分泌が悪いため身長が伸びない低身長の子には、医療用の成長ホルモン製剤を投与して治療をします。

ただ、保険適用でこの成長ホルモン療法を受けられる子供は低身長児の5%ほどです。

自費で治療をすることも可能ではありますが、膨大な費用が掛かります。
条件によっては補助がでますが、最低でも5~10万円程度は毎月必要です。

それに比べると割安なHGHサプリメントですが、毎月1万円以上も効果の見込めないものに費用をかけるのは、やめておいた方がいいと思います。

<2017年10月速報> 健康部門 3年連続 第1位!

estoremedal

唯一の成長期10代向けサプリメント
「カラダアルファ(α)」
が全国約20,000店の通販ショップが加盟するEストアーで3年連続、通算9回目の受賞!今回、2017夏期「ダイエット・健康部門」の第1位に!

子供成長サプリの圧倒的ナンバー1はコレ!

このページの先頭へ