肥満の子どもは背が伸びない!健康的にやせるサプリメント活用法とは?

身長の伸びを妨げる要因の一つに、「肥満」があることをご存じでしょうか?

肥満はご存じの通り、さまざまな病気の引き金にも。もし体重が気になるなら、早いうちに適正な体重に落としてあげたいものですね。

そこで今回は、「子どもにはどんなダイエット法がいいの?」「減量用サプリメントってどうなの?」など、お子さまのダイエットについて考えてみましょう。

cov010

ホントに、肥満だと身長が伸びないの?

一般的に「肥満傾向にあると、身長が伸びにくい」と言われています。

本当に、太りすぎると身長の伸びに悪影響を与えるのでしょうか?

ある意味では、「肥満=豊富に栄養が摂れている状態」とも言えますので、小学校低学年ぐらいまでだと、「肥満児=どちらかというと背が高い」お子さまも多いようです。

ところが多くの場合、徐々に身長の伸びが悪くなるケースが多いのです。

なぜかというと、主な理由は2つあります。

理由1)成長ホルモンの分泌が減るため

お子さまの身長が伸びるのは、ぐっすり眠っている間に分泌される成長ホルモンのおかげ。

「寝る子は育つ」ということわざ通り、良質な睡眠をとることで成長ホルモンが分泌。お子さまの骨が伸び、結果的に身長が伸びていくんですね。

ところが肥満ぎみになると、成長ホルモンが出にくい状態に。すると、その結果、背の伸び方がゆるやかになってしまうんですよ。

理由2)思春期が早く訪れるため

肥満すると、脂肪細胞からレプチンと呼ばれるホルモンが分泌されます。

本来は、食欲や代謝などの調節を行うためのホルモンですが、実は性成熟にも大きく関係しています。

そのため、肥満するとレプチンが増え、結果的に性成熟が早まることに。すると、思春期が早く訪れるのです。

思春期とは、身体が一気に大人へと向かう時期。性ホルモンが、骨を固めて骨の成長を止め、完成形へと近づけていきます。

そして、身長の伸びが止まってしまうんですね。なるべく最終身長を高くするには、思春期が遅く訪れるほうが有利なんですよ。

このように、肥満は身長の伸びを妨げることになります。普段から体重や体格の変化をこまめに見て、太りすぎないように気をつけてあげたいものですね。

なお、子どもの肥満は、「肥満度」という基準を使って判断します。簡単な計算ですので、まずはお子さまの肥満度をチェックしてみましょう。

肥満度=(実測体重-標準体重) / 標準体重×100 (%)

幼児=肥満度15%以上は太りぎみ、20%以上はやや太りすぎ、30%以上は太りすぎ
学童=肥満度20%以上を軽度肥満、30%以上を中等度肥満、50%以上を高度肥満
となります。

例えば、身長145cmの子どもをモデルにすると、標準体重は39.6kgです。

※ 標準体重の算出方法は以下の式を用います。

  標準体重(kg) = 身長(m)の3乗 × 13

実際の体重が45kgだと肥満度は13.6%となり標準の範囲内。
これが48kgまで増加すると21.2%となり軽度肥満となります。

まずはお子さまの肥満度を把握して、必要ならダイエットのサポートをしてあげてくださいね。

大人とは違う!お子さまのダイエットには細心の注意を

それでは、お子さまのダイエットのためには、何をすればいいのでしょうか?

大人であれば、厳しい食事制限や激しい運動などによる「過激なダイエット」で、短期的に体重を落とすことも可能かもしれません。

ところが、お子さまはまだ成長段階。過度な負担がかかるダイエットは、身体づくりに悪影響を及ぼします。くれぐれも無理させないように、気をつけましょう。

お子さまのダイエットは、「簡単なカロリーカット」「適度な運動」から始めるのが基本です。

「簡単なカロリーカット」としては、小学生くらいの肥満対策で効果的なのは、清涼飲料水をやめさせること。

いかにも身体に良さそうなスポーツドリンクも、大量の糖分が入っているのでやめさせましょう。

また、「適度な運動」についてですが、肥満のお子さまは運動が苦手だったりキライだったりすることがほとんど。

無理やり運動させても、却ってストレスに。親子共に精神的な負担がかかって、長続きしません。窓ふきや床のぞうきんがけなど、家事の手伝いも立派な運動です。

また、昆虫採集や水族館巡りなど、自然と身体を動かす趣味を見つけてあげるのもいいですね。いずれにせよ、日常生活で無理なく動けるよう、お手伝いしてあげましょう。

ダイエットのために、正しくサプリメントを使うには? 身長サプリは大丈夫?

ダイエットといえば、減量用サプリメントもあります。たとえば、糖の吸収を抑えるといわれるサプリメントや、脂肪を燃焼させやすいといわれるサプリメントなど。

いかにも効きそうな印象の減量用サプリメントが多く出回っていますが、お子さまへの使用は控えたほうが賢明。というのも、減量用サプリメントには、未試験の成分が多く含まれていることも多いため。

「サプリメント=薬ではないから副作用がない」と思われがちですが、そんなことはありません。

粗悪な材料を使ったり、未承認の成分を配合していたり。科学的根拠のないサプリメントによる健康被害者が、確実に増えています。

特に、減量サプリメント使用者に健康被害が多く起こっているという事実をご存じでしょうか?

たとえば、国内で起こった、2002年~中国製ダイエット食品(サプリメント)の健康被害事例では、796人にも及ぶ被害が発生。

そのうち、残念なことに4人が死亡しています。この数字からも分かるように、減量用サプリメントを子どもに与えるのは危険といえるでしょう。

お子さまのダイエットの基本は、「無理のない食事制限」と「適度な運動」。やはり、この二つに尽きます。

ただし背が伸びるためには、十分なバランスが必要です。食事制限による栄養不足に陥らないためにも、総合的に栄養素を含むサプリメントで補助することも大切ですよ。

「サプリメントでやせる」のではなく、「やせるための生活をサプリメントでサポートする」と心得て、正しくサプリメントを活用してくださいね。

子ども向けの身長サプリメントにも総合的な栄養補給を狙ったものもありますので、背を伸ばしたい目的とともに活用するのは賢い選択です。

よく聞く「酵素ドリンク」って子供にはどうなの?

酵素ドリンクなら天然の食品(野菜や果物)を発酵したものだし、子どものダイエットにも使えるのでは?

と考える方もいるかと思いますが、あまり、おすすめはしません。

子どもにも使えるといえば使えますが、コストパフォーマンスが悪すぎます

酵素ドリンクや酵素がどんなものかを整理すると、わかりやすくなると思います

酵素って何?

すごく簡単にいうと、酵素とは身体の中で「何かを分解したり、合成するときに必要になるもの」です。

酵素といえば、「酵素パワーのトーーップ!」

この何十年も前の洗濯洗剤トップのCMフレーズを思い出す方も多いかと思いますが、わかりやすい例です。

洗濯物、たとえばシャツの襟の皮脂汚れ。この汚れは皮膚のたんぱく質が布についたものです。

トップの酵素は、たんぱく質を分解して、皮脂汚れを落とします。

このような分解は、食べ物を消化する際に何度も繰り返される酵素のメジャーな働きです。

ごはんをずっと噛んでいると甘くなるのは、唾液の中に含まれるアミラーゼという消化酵素がごはんのデンプンを分解して、糖に変えているからです。

食べ物を分解するというと何か酸や化学薬品のようなものを想像しますが、酵素の正体は特殊な働きをもつ「たんぱく質」

ですので、酵素ドリンクで酵素を口から入れても、胃に入る段階で多くは分解されてしまいます。ドリンクの宣伝のように酵素を、すべてそのまま体内で利用することはできないのです。

では酵素ドリンクの意味は?

「事前消化」と「野菜ジュースの効果」が期待できるかもしれません。

もぎたてのまだ青々としたバナナをテーブルにずーっと放置しているところを思い浮かべてみてください。

はじめは青いバナナも、次第に黄色く熟し、最終的に茶色くドロドロになってしまいますね。この働きに大きく関係しているのが食物酵素です。

だれがバナナに注入したわけでもなく、初めからバナナはドロドロにする食物酵素を持っていました。

事前消化というのは、食品に含まれる食物酵素の力で消化(分解)を助け、人体の消化酵素の負担を減らすというものです。

ただ、この事前消化という概念「酵素栄養学」という1950年ころの古い理論で、現代の一般的なこの分野の学問・理論との矛盾が指摘されています。

つまり、本当に効果があるかどうかはわかりません

酵素ドリンクを飲む意味で確実な点は、材料の野菜や果物に含まれるビタミン・ミネラルと食物繊維を摂ることができることでしょう。

酵素ドリンクの拠り所となる理論の酵素栄養学でさえ揺らいでいる以上、メーカーの宣伝文句のような健康効果を得るのは難しいでしょう。

健康効果に期待した大人がやるような、酵素ドリンクを使った断食はもってのほかです。

まずは親子で!運動不足を解消するコツ

運動が嫌いな子でも、ちょっとしたキッカケがあれば運動をするようになります。

子どもは基本的に(程度の違いはありますが)暴れたり、騒いだりするのは楽しいのです。

今、(肥満児でなくても)子どもの運動不足が話題になっています。年々運動能力は落ち、体力不足による怪我は昔より確実に増えています。

スマホ・ゲームや遊び場の減少など原因はいろいろ言われていますが、親が小さいときから歩かせないというのも大きいと考えられています。

子どものためを思って、

道路が狭く歩かせるのは危険だから・・・
習い事にいく前から疲れさせてもだめだから・・・

と自動車や自転車の後ろに乗せてあげるというのは、裏を返せば子どもの運動の機会を奪っていることになります。

歩くことは体力を作り上げる基礎的な運動です。

今からでも親は子どもに自力で歩かせたり、荷物を自分で持たせたり。無理や危険のない範囲で運動させるよう気を付けてあげてください。

子どもの運動不足解消のコツは「親」。親の意識と行動で大きく解消へ向かいます

親が家でゴロゴロしていると、子どももそうなりがちです。「体を動かせ」と口で言ってもなかなか聞いてくれません。

週末は親子一緒にキャンプや登山といったアウトドアレジャーを楽しむだけでも、運動不足解消の一歩です。スポーツでなくてもいいんです。

親が率先して、体を動かすのは「楽しい>つらい」ということを子どもに教えてあげましょう。

最近は身体を動かすおもちゃもたくさんあります。ぜひ活用してください。


ブレイブボード


バランスホッピング


ステッピー

子どもの肥満の本気で食事改善!無理なくできる3つのポイント

1日3食を厳守

太っている子はお腹がすいたら何度も食べる傾向があるので食事回数を固定。プラスおやつ1回とするにしても時間を固定して、毎日のリズムを作りましょう。

3食の中でも朝食は重要です。朝食を抜くと代謝が落ちてしまううえ、空腹に耐え切れず間食などでかえって摂取カロリーが増え、脂肪蓄積につながりやすくなります。

お菓子・ジュースを別のものに

お菓子やジュースのカロリーは想像以上に高く、依存性が高いことが問題視されています。同じ食べるなら栄養価の高い食品に置き換えましょう。

果物・ヨーグルト・チーズ・するめ・お芋・おにぎりがおススメです。

置き換えたからといって、食べすぎはもちろんNGです。

食事メニューを工夫

バランスの取れた食事が基本になりますが、少しの工夫でダイエット効果をぐっと得やすくなります。

まず、使う食材を変える。肉は脂身の少ない赤身に。白米を雑穀米に。油を米油やオリーブオイルに。これだけで栄養バランスを取りやすくなるのでおすすめです

次に、咀嚼(噛む)回数を増やす工夫をしてみましょう。しっかり噛むよう工夫することで食べる量を減らすことができます。

イカやタコなどの噛み応えのある魚介類、レンコンや生キャベツなど噛み応えのある野菜を意識して使ってみましょう。

食材のカットを大きめにすることも有効です。

この辺りの工夫はダイエット食のスペシャリスト、タニタ食堂でも実践されていますよ。

<2017年10月速報> 健康部門 3年連続 第1位!

estoremedal

唯一の成長期10代向けサプリメント
「カラダアルファ(α)」
が全国約20,000店の通販ショップが加盟するEストアーで3年連続、通算9回目の受賞!今回、2017夏期「ダイエット・健康部門」の第1位に!

子供成長サプリの圧倒的ナンバー1はコレ!

このページの先頭へ