夜尿症は子供の成長ホルモンにも影響!?背を伸ばしたい中学生は要対策!

幼児期の子供が、夜中におねしょをしてしまうのは当然のこと。

ですが、「夜尿症」になると、身長の伸びにも影響することが知られています。中学生になっても治らないケースもあり、親としては様々な面で心配が増えてしまいます。

今回は、なぜ夜尿症だと身長が伸びなくなるのか?治すことができるのか?など、夜尿症について掘り下げてみたいと思います。

hou004

「おねしょ」と「夜尿症」の違いとは?

しばしば一緒のものとして扱われる「おねしょ」と「夜尿症」ですが、厳密には違います。まずは、その違いから見てみましょう。

「おねしょ」とは、幼児期の子供が、寝ている間におもらししてしまうこと。

睡眠中に作られるおしっこの量と、おしっこをためておく膀胱の大きさのバランスがとれていないために、夜間に尿があふれてしまう現象です。

夜間のおしっこの量を決めるのは、「抗利尿ホルモン」。

このホルモンは、脳下垂体から分泌され、おしっこの量を調節しています。日中と比べて、寝ている間にあまりトイレに行きたいと思わないのは、このホルモンのおかげ。

もし分泌量が少なければ、夜間に作られるおしっこの量が多くなり、あふれてしまうのです。

次第に抗利尿ホルモンがしっかり出るようになり、膀胱も発達して大きくなると、おねしょは自然と減るように。

5~6歳頃には、95%の子供がおねしょを卒業すると言われています。残りの5%の子供も、基本的に成長を待っていれば自然に卒業します。

ただし中には、ホルモン分泌などの適切な治療や生活指導が必要な場合もあり、これを「夜尿症」と呼んでいます。

つまり、どちらも「夜中におもらしする」という点では同じ。ただし、

・おねしょ……膀胱が未発達のため起こる生理現象なので、特に心配なし。
・夜尿症………ホルモン分泌不全などの原因があり、治療や生活指導が必要。

これが、おねしょと夜尿症の違いというわけです。

大きく分けて3種類!「夜尿症」のパターン

夜尿症にはそれぞれタイプがあります。

国際的に統一された分類はまだありませんが、日本で一般的に用いられているものを紹介します。

多尿型

夜間につくられる尿の量が多いタイプ。抗利尿ホルモンの分泌不良か、習慣的に水分や塩分を摂りすぎているのが原因です。比較的、治療しやすいタイプと言われています。

膀胱型

膀胱の機能が未発達で、膀胱が小さいタイプ。寝る前に排尿しても全部出せず、尿が残るために、夜中におねしょしてしまいます。

混合型

多尿型・膀胱型が合わさった状態で、より重い症状といえます。

 
いずれのタイプにせよ、気を付けたいことがあります。それは、夜尿症の場合、「身長が伸びにくくなる」という点です。

夜尿症の子供は、統計的にも小柄な子が多いことが分かっています。

というのも、夜間のおしっこの量を決める「抗利尿ホルモン」と、成長を促して身長を伸ばす「成長ホルモン」は、どちらも脳下垂体から分泌されるため。

脳下垂体に問題がある場合は、夜尿症と低身長が同時に見られることもあるのです。

また、背を伸ばすことにつながる成長ホルモンは、夜ぐっすり眠っているときに分泌されます。

夜尿症の場合はおしっこすることで目を覚ましてしまうので、成長ホルモンの分泌量にも影響を及ぼす恐れがあるのです。

気になるときは、病院へ!適切な治療や生活指導が大切です

では、「もしかして夜尿症かも?」「そろそろ、おねしょを卒業してもいい年齢なのに……」と言う場合、どこで診てもらえばいいのでしょうか?

中には「おねしょ外来」を設けている病院もありますが、まず、ご自宅の近くの小児科や内科などのかかりつけの医師に相談し、診察を受けるか、あるいは専門医を紹介してもらいましょう。

その際に、紹介状を書いてもらうと、初めての受診もスムーズに行えます。

夜尿症の治療は生活指導が基本。必要に応じて薬物療法やアラーム療法も活用します。それぞれの内容を見てみましょう。

薬物療法

問診や尿検査などから、子供の夜尿のタイプに適した薬を選んで投与します。

抗利尿ホルモン薬(夜間の尿量を濃くして少なくする薬)や、抗コリン薬(膀胱機能を安定させ、膀胱に尿を多くためられるようにする薬)、抗うつ薬(弱いながら抗利尿ホルモンの分泌を促し、抗コリン作用も持つ薬)などを使って治療します。

アラーム療法

寝る前に、おねしょするとアラームが鳴る専用パットをつけて寝ます。

おねしょするとアラームが鳴るので、すぐに起こします。そのときトイレに行っても行かなくても、どちらでもOK。

就寝時排尿が始まったときに起こされると排尿が急に止まるので、これを繰り返すことで膀胱容量が増え、夜尿症が治るという仕組みです。

保険適応ではないので専用アラーム、パットを自費で購入する必要がありますが、まったく薬を使わないので、副作用の心配がありません。

とはいえ、アラームが鳴るたび起こすので、しっかり身長を伸ばしたい時期にはあまり向かないかもしれませんね。

子供の身長を伸ばすためにも、なるべく起こさないことが大事!

親としては、「そろそろ、おねしょする時間かも……」と子供の様子が気になるもの。夜中に一度起こして、トイレに連れて行きたくなるのも当然かもしれません。

たしかに、膀胱にたまっている尿を一度出しておけば、膀胱はすっきりします。夜中におもらしする可能性は減るかもしれませんね。

でも、身長のことを考えるとあまり得策とはいえません。深い眠りを妨げることで、成長ホルモンの分泌が減ってしまうからです。

もれた後に起きてしまうのは仕方ないことですが、もれる前に起こしてしまうのは身長のためにも、夜尿症治療の面でもNGです。

夜尿症は、「焦らず根気よく」「親子二人三脚で」治療することが大切と言われています。長い目で見てあげましょう。

中学生・高校生になっても治らないけど大丈夫?

小学生くらいまでなら「何とかまだ・・・」と思っていても、中学生や高校生になって夜尿症が続くと親としても焦ります。

統計でも中高生まで夜尿が続く場合、成人型夜尿症に移行する割合が高くなっています。

学校や部活、塾や習い事など、忙しくなって、夜尿症治療の基本となる生活改善が難しくなり、治療の機会が少なくなってしまうからです。

また、長期にわたる夜尿が習慣化し、本人も治療する意思が減退してしまいます。

でも実は、年齢が上がってくると小さいころと違い、膀胱など器官に問題がないことが多く、本人にやる気があれば、比較的早く治る傾向にあるのです。

中学生というと身長を伸ばすうえでも大切な時期。また、修学旅行や部活の合宿など気になる行事も多くなってきます。

尿意を感じて目が覚めてもトイレに行くのが面倒くさがったり、病院に行くのを面倒くさがったりするようなら、「治る!」と信じて頑張るよう説得してみてください。

このページの先頭へ