身長を伸ばす方法

身長が伸びる仕組み

身長を伸ばす方法は骨にかかっているといってもよいでしょう。
背を伸ばすとはすなわち骨を伸ばすことに他ならないからです。
では身長が伸びる仕組みとはどのようなものなのでしょうか。

簡単に言えば背が伸びるのは骨の両端にある骨端線が成長することを意味します。
子供のうちはこの部分が柔らかく、成長を続けているので背が伸びていくわけです。
しかし大人になると固くなり、次第に成長が止まっていきます。
この骨端線が成長するかどうかが背が伸びるかどうかの決定的な要因となってくるのです。

ではどういった仕組みで成長するのでしょうか。まず知っておきたいのが成長ホルモン。
このホルモンによってソマトメジンCと呼ばれる骨端線の成長を促すホルモンを分泌させ、
身長を伸ばすのです。

身長を伸ばすための3大要素とは

身長を伸ばすためには栄養、運動、睡眠の3大要素が必要だといわれています。
とくに成長期にこの3大要素をしっかり確保することができるかどうかで将来の身長が決まってしまうとも。
ではこの3大要素は背を伸ばす上でどのような役割を担っているのでしょうか。

まず睡眠。背が伸びるかどうかを語る際に必ず出で来る要素です。
なぜ睡眠をしっかりとると背が伸びるのでしょうか。
それは成長ホルモンの分泌と密接に関わりがあります。

名称からして背が伸びるのに役立ちそうなホルモンですが、実際に骨の成長を促す作用を持っています。より正確には骨を伸ばすソマトメジンCというホルモンが肝臓で生成されるのを促進する働きを持っているのです。それだけにしっかりと睡眠をとることが求められます。

2つめが運動。これは睡眠と密接な関わりがあります。
まず日ごろから運動をすることで深い睡眠をとることができるようになります。
熟眠によって成長ホルモンの分泌を促すことができるわけです。

さらに筋トレなどで知られているように、運動そのものが成長ホルモンの分泌を促す効果を持っています。さらに骨に対して適度な負荷と刺激をもたらすことで成長を促す効果もあります。

3つめの栄養は言うまでもありません。
骨の成長に必要な栄養が摂取できなければ骨が伸びるのを止めてしまうことになるのです。カルシウムやたんぱく質といった骨の材料だけでなく、その他のミネラルやビタミンなど、偏らずバランスの良い食生活をとることが求められます。

この3大要素をバランスよくとりいれた生活が身長を伸ばす方法といえるのです。

相互リンク

 

サイトマップ